3sisters10-omote-s.jpg 3sisters10-ura-s.jpg

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
長野門前暮らしのすすめ プロジェクトの演劇企画第二弾、
―観て、創る。創って、みる。―
「あなざ事情団」 長野公演 『三人姉妹』

のお知らせです。

あなざ事情団とは、読んで字の如く、「あなざーわーくす」のわたなべさんと、「山の手事情社」の倉品さん、「青年団」の松田さん、三人のユニットです。(「青年団」の松田さんはお隣の中野市の出身です。)

この公演は、観客参加型「レクリエーション演劇」と「演劇創作ワークショップ」の二本立てになっています。

あなざ事情団が七人のキャストを二人で演じる「三人姉妹」は、わたなべなおこさんが独自に編み出した観客参加型「レクリエーション演劇」の手法を存分に生かし、日本の演劇界をリードする山の手事情社・青年団で活躍中の役者、倉品淳子さんと松田弘子さんの「技」と「魅力」を余すところなく堪能していただける舞台です。

1.5m×1.5mのおどろくほど小さな舞台を囲み、眼前に繰り広げられる熱い戦いを観つつも、いつしか出演者のひとりになっている、という新感覚演劇です。

演劇創作ワークショップで、参加者が創る「三人姉妹」は、あなざ事情団の三人姉妹がどのように創られたのか、観客参加型演劇の創作プロセスを体験します。年齢・性別・経験を問わず、どなたでも楽しめます。

会場は二月の演劇企画「...モザイクの街」でも使用した、昭和モダンな「蔵春閣」。
「観ること」と「創ること」と「暮らすこと」。無関係に見えるこれらのことを繋いでいくプロジェクトが長野門前暮らしのすすめの演劇企画です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「あなざ事情団」 長野公演 『三人姉妹』
―観て、創る。創って、みる。―


【原作・原案】 アントン・チェーホフ
【演出・構成・ワークショップ講師】 わたなべ なおこ(あなざーわーくす)
【出演】 倉品 淳子(山の手事情社)、松田 弘子(青年団)
【日時】
2010年4月3日(土)19:00〜三人姉妹
2010年4月4日(日)13:00〜ワークショップ/16:00〜三人姉妹
【会場】 長野市城山公民館別館 [旧蔵春閣]
長野県信濃美術館から徒歩1分 長野市大字長野東之門町2462
【交通】
バス:JR長野駅前バス乗り場 @から、11・16・17の川中島バス→「善光寺北」下車 バス進行方向の城山公園奥(所要時間約15分)
電車:長野駅より長野電鉄「善光寺下」下車徒歩8分
自動車:上信越自動車道長野I.Cから善光寺方面へ約30分
【料金】
(1)観劇:全席自由(各日60席限定)一般 2,000円/高校生以下1,000円
(2)演劇創作ワークショップ:1,000円(定員30名)
(3)観劇 + ワークショップ:一般2,500円/高校生以下1,500円
※開場は開演の30分前です。
※託児をご希望の方はお問い合せ下さい。
【予約・お問い合せ】 ナノグラフィカ [tel/fax] 026-232-1532 または下記フォームよりお申し込みください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



【会場案内マップ】
より大きな地図で 長野市城山公民館別館 を表示



プロジェクトについて

「門前暮らしのすすめ」ってなに?

スタッフ紹介

こんなひとたちがつくってます

門前まち歩きのワークショップ

門前まち歩きのワークショップ


ページ先頭へ