箱清水町在住、中島真紀子さんを訪ねました。

nakamakiie02.jpg

旦那さまと二人暮らし。
善光寺から歩いて2〜3分のところにある
二軒長屋を改装して旦那様と二人暮らし。
家の前には畑があります。

大家さんはお隣・ご両親であるため
自由に改装できたらしい。
二軒長屋をぶち抜いて、
一軒は生活スペース、もう一軒は仕事場に。
ちなみに真紀子さんの仕事はフリーランスの建築士。

「小さい頃、新しい家を建てるっていうんで
 そりゃあワクワクしたんですよ。
 どんな家ができるのかって。
 でも建った家を見てガックリしたの。
 両親にしてみれば予算とかね、
 いろいろあったと思うんだけど
 屋根の野地板が、まがいものだった。
 本物じゃないじゃん!ってショックでした。
 そういう子供だったのね。」
 
そして、真紀子さんは
とにかく自分の家を建てるために
(欲望がはっきりしすぎです!笑)
建築の勉強をするようになったとか。
学校を卒業後は長野市内の大手建築会社に就職。
「結婚なんてしなくていい!バリバリ仕事するぜ!!」
と思っていたのもつかの間(?)
予想外の出会いが訪れめでたく結婚。
寿退社の後はフリーランスで仕事を続けています。

そして現在、最終目標が
「自分の家を建てる」ことであることは
変わりないらしい。

「いくつ妄想の家を建てたかわかりません...。」

なんて楽しくて苦しい作業なんでしょう。

今、真紀子さんが暮らしている家は
築30年くらいの平屋をリフォームしたもの。
じゅうぶん素敵だと思うんだけどな・・・。

「リフォームとか、今ある建物をなんとか活かす、
 という制限がある中でつくるのも楽しい。
 でもまあ建築家だったら、そりゃあ作り手だから
 まっさらなところからつくる新築の方が
 やりがいはあるよね。」

いつか建つであろう、
真紀子さんの"おうち"を
見てみたいなあと思いました。



nakamakiie01.jpg
事務所の打ち合わせスペース。
縁側が気持ちいい〜。窓の外は庭になっています。

nakamakiie06.jpg
壁は自分で白く塗りました。
レトロな換気扇がなんとも美しく見えるのは
なぜなんでしょうか。

nakamakiie04.jpg
長屋をぶち抜いた!の図。
ぶち抜いた後、戸がつけられ通行可能に。


nakamakiie05.jpg
キッチンの窓辺。
水色のタイルを自分で張りました。
古いとも新しいとも言えない、
微妙に年代モノ?の窓ガラスがチャーミング。

(後編に続く)

門前暮らし スタッフ日記

「長野・門前暮らしのすすめプロジェクト」のスタッフの毎日を綴る日記です。
善光寺びんずる市

善光寺びんずる市

雑貨クラクサ

雑貨クラクサ

善光寺表参道ギャラリーライン

善光寺表参道ギャラリーライン

もんけん通信

もんけん通信

もんぜんまち劇場

もんぜんまち劇場

ナノグラフィカweb

ナノグラフィカweb

ネオンホール

ネオンホール

エネルギー研究会

エネルギー研究会

ページ先頭へ