今日の午後、SBCラジオの生番組でおしゃべりしてきました。
話題はもちろん!今回のプロジェクトについてでした。

ほんと小市民のくせして「門前町」を連呼している感じが
自分的には内心どーなんかな〜って心配な部分がありつつ
おしゃべりしたのですが、放送後、ラジオでしゃべったことによって
頭のなかがすこし整理されたりして実りのある時間だと思いました。

・・・・

すこしメモしておきたいと思います。

門前町の活性化ということで
今回のプロジェクトは進行していますが
私は基本的には、
この善光寺の門前町は今のままでも
十分魅力のあるまちだと思っています。
それはほかのどのまちにも言えることで
まちにはそれぞれのなにかしらの魅力が
あるということです。

7年暮らしてみて今思うことは
善光寺門前町の魅力は上手に
発信されていない気がすること。
だから今回のプロジェクトでそれをやる。

・・・・

活性化って言ってもいろいろあると思うんだけど
簡単に言うと「にぎわいをつくる」(行政風)
ってことがあると思います。

人が集まるには、人を寄せる何かが必要。
何か人が集まるような施設をつくる、ことも考えられるけど
それはずっと続くことのように思えない。
よっぽどのものでないと
数年で話題性はうすれてしまう

問題は立派な施設があるかどうかではなく
そこに"熱"みたいなものが存在し続けられるか、だと思う。
だから建物はあんまり関係ない。
そこで何が行われているかも、実はあんまり関係ない気もする。
ただそこに"熱"があると感じられるかどうか。

熱の源は、人の想いとか情熱とか誠意とか行為とかそういうものだろうか。

そして今の門前町を見るにつけ、
熱のほかに「枯れ具合」ってのもある種の人を惹き付けると思った。
枯れきったところで新しい芽が出て来る。

個人的にはまちが枯れれば枯れるほど「キャンバス」のようと思う。
ここでどんな暮らしをつくっていこうか、と想像力をかきたてられる。
何かをつくろうとしている人が好むの雰囲気なのではないかと思う。

以上ひとりごと。思いつきで書いてしまったけれど
そもそもまちの魅力とはひとことでは言えないもの。
時間と労力を費やしてこそ、いとしいものに出会える気がする。

(あやこ記す)


門前暮らし スタッフ日記

「長野・門前暮らしのすすめプロジェクト」のスタッフの毎日を綴る日記です。
善光寺びんずる市

善光寺びんずる市

雑貨クラクサ

雑貨クラクサ

善光寺表参道ギャラリーライン

善光寺表参道ギャラリーライン

もんけん通信

もんけん通信

もんぜんまち劇場

もんぜんまち劇場

ナノグラフィカweb

ナノグラフィカweb

ネオンホール

ネオンホール

エネルギー研究会

エネルギー研究会

ページ先頭へ