前回は、「善光寺駅」が甲府市にあるということを紹介しました。
 
 ところがかつて、長野市には「信濃善光寺」という駅がありました。
国鉄でも、長野電鉄でもない鉄道、「善光寺白馬電鉄」の駅でした。
 善光寺白馬電鉄は、
略して「善白鉄道(ぜんぱくてつどう)」と呼ばれていた線で、
昭和11年(1936)、南長野駅から善光寺温泉駅までが開業しました。
善光寺温泉は、善光寺の西約5キロメートルの裾花川沿いにあった温泉です。

 では、「信濃善光寺駅」はどこにあったのでしょう。
あった場所は、なんと新諏訪町でした。諏訪町ではありません。
場所は、今の長野商業高校や西部中学校よりも西側、
裾花台遊園地の付近にありました。

 でもなぜ、市民にとって不思議な場所に「信濃善光寺」という駅が
できたのでしょう。
 
 私が考える理由はこうです。

 善光寺白馬電鉄は、その名の通り、善光寺のある長野市から
白馬を目指して建設されました。しかもその先、長野市と北陸とを
最短距離で結ぼうという夢もありました。
 この信濃善光寺駅は、いずれ白馬や、さらには北陸地方の人たちに、
善光寺参りをするのに、善光寺に最も近い駅として利用してもらおう
としたのだと思います。
 そうしたら、善光寺の西の入口、西長野や桜枝町あたりは、
もっと栄えていたのかもしれません。

 「善白鉄道」は白馬に達することなく、わずか7年ほどで営業を休止し、
戦後廃止されました。
 現在、駅の跡地は住宅地となって、その面影は残されていません。(小林)

小林竜太郎の門前町・昔ものがたり

長野郷土史研究会青年部/光竜堂代表の小林竜太郎さんが、知ると門前生活が面白くなる歴史トピックスをご紹介。
善光寺びんずる市

善光寺びんずる市

雑貨クラクサ

雑貨クラクサ

善光寺表参道ギャラリーライン

善光寺表参道ギャラリーライン

もんけん通信

もんけん通信

もんぜんまち劇場

もんぜんまち劇場

ナノグラフィカweb

ナノグラフィカweb

ネオンホール

ネオンホール

エネルギー研究会

エネルギー研究会

ページ先頭へ