前回は、大門町が、
かつて長野市一にぎわう商業地だったことを書きました。
その大門町になぜ大型店ができず、長野駅に近い方に
にぎわいが移ってしまったのかに、私はとても興味を
持っています。

 こんな堂々とした広告を見つけました。
(『長野市とその周辺』 昭和24年、1949年)

mukashi009.jpg

 「安くて買いよい店」をうたう大門町の「蔦屋デパート」。
主に衣料品を売っていました。

 長野市で初めて法律に基づいてできた百貨店は、
昭和32年(1957)に問御所町の今のTOiGO SBCの場所
にオープンした「丸光百貨店」でした。

 ところがその前にも、規模は小さくともデパートと名乗る店が、
大門町にあったのです。戦後になっても、大門町は活気の
ある町だったことになります。(小林)

小林竜太郎の門前町・昔ものがたり

長野郷土史研究会青年部/光竜堂代表の小林竜太郎さんが、知ると門前生活が面白くなる歴史トピックスをご紹介。
善光寺びんずる市

善光寺びんずる市

雑貨クラクサ

雑貨クラクサ

善光寺表参道ギャラリーライン

善光寺表参道ギャラリーライン

もんけん通信

もんけん通信

もんぜんまち劇場

もんぜんまち劇場

ナノグラフィカweb

ナノグラフィカweb

ネオンホール

ネオンホール

エネルギー研究会

エネルギー研究会

ページ先頭へ