約130年前に書かれた『善光寺繁昌記』の「演劇」の次には、
「夜劇」という項があります。

・ ・ ・ ・ ・

 地元の人は皆仕事があるので、昼間は芝居を見る時間がない。
そこで多くは夜に芝居を興行し、観客が群集する。
 興行の前日、芝居小屋の男たちは太鼓を担いでばちで打ち鳴らし
ながら町の中を行く。演ずる劇名が何であるかを巧みに唱え、人々
の関心をかきたてるのである。
(後略)

・ ・ ・ ・ ・

 人々の生活にあわせて、夜に芝居が行われていたというのです。
電気もまだない時代、場内はどんな雰囲気だったのでしょうか。
また、歩いて宣伝を行っていたのですね。

 まちとお芝居は離れたものでなく、まちの暮らしとともに演劇が
ありました。お芝居の内容や技術が変わっても、そこには大切な
ヒントがあるように思います。(小林)

mukashi012.jpg
約130年前の長野の人々(『善光寺繁昌記』挿絵より)

小林竜太郎の門前町・昔ものがたり

長野郷土史研究会青年部/光竜堂代表の小林竜太郎さんが、知ると門前生活が面白くなる歴史トピックスをご紹介。
善光寺びんずる市

善光寺びんずる市

雑貨クラクサ

雑貨クラクサ

善光寺表参道ギャラリーライン

善光寺表参道ギャラリーライン

もんけん通信

もんけん通信

もんぜんまち劇場

もんぜんまち劇場

ナノグラフィカweb

ナノグラフィカweb

ネオンホール

ネオンホール

エネルギー研究会

エネルギー研究会

ページ先頭へ