善光寺は日本に最初に伝来したと伝えられる仏像を本尊と
しています。善光寺の周辺には、すでに中世から賑やかな
門前町ができていました。
 
 善光寺や門前町の歴史は、長野市周辺の人にとても人気で、
学習会を開くと、多くの方が参加してくださいます。
 また最近、まちづくり関係の催しで、善光寺や門前町の
歴史をお話させていただく機会が増えました。歴史が
まちづくりのキーワードになってきたのは、嬉しいことです。
 
 ところが、善光寺や門前町の歴史が、全国の歴史愛好者に
人気があるテーマかといえば、意外とそうではないのです。

 長野郷土史研究会では、機関誌のバックナンバーを
全国に向けてネットで販売しています。そこで、
信濃・長野県の歴史で人気のあるテーマを5年間に
わたって調べてみました。

 1位 信濃の武士全般
 2位 飯綱(飯縄)信仰
 3位 山城・館
 4位 武田氏の史跡
 5位 真田氏
  〃 街道と宿場
 7位 戸隠信仰
 8位 信濃の御家人
 9位 戦国時代
10位 太平洋戦争
 
 善光寺や門前町といったテーマは、10位には入ってきません。
 なぜでしょうか?

 1つには、歴史というと、武士の活躍が大人気だということ。
学校で習う歴史も、武士がどう活躍したかが中心ですね。
今の「歴女」の関心もそうです。

 2つには、寺よりは神社の方が人気があること。神社の方が
身近に感じる人が多いようです。
 飯綱神社や戸隠神社は長野県外にもあります。善光寺に
比べて飯綱・戸隠の本が少ないのも、長野郷土史研究会の
機関誌バックナンバーの人気の理由かもしれません。

 どうしたら善光寺や門前町の歴史を全国的に興味を
持っていただけるのか、なかなか難しい課題です。
みなさんの斬新なご提案を歓迎します!

小林竜太郎の門前町・昔ものがたり

長野郷土史研究会青年部/光竜堂代表の小林竜太郎さんが、知ると門前生活が面白くなる歴史トピックスをご紹介。
善光寺びんずる市

善光寺びんずる市

雑貨クラクサ

雑貨クラクサ

善光寺表参道ギャラリーライン

善光寺表参道ギャラリーライン

もんけん通信

もんけん通信

もんぜんまち劇場

もんぜんまち劇場

ナノグラフィカweb

ナノグラフィカweb

ネオンホール

ネオンホール

エネルギー研究会

エネルギー研究会

ページ先頭へ