権堂にある映画館・相生座は、明治25年(1892)、
千歳座(ちとせざ)という名前の芝居小屋としてオープンしました。
(以前に「015」でも紹介しました)

 千歳座という名前の芝居小屋は、当時、東京を始め、全国各地に
ありました。しかし、経営が同一人物というわけではなかったよう
です。

 長野の千歳座の開場式は、明治25年12月に行われました。
東京から歌舞伎役者である初代・市川左團次(いちかわさだんじ)が
来場し、連日歌舞伎を公演しました。その広告が、当時の信濃毎日新聞の
1面トップに、12月1日から7日まで、6日を除き毎日掲載され
ました。当時は1面のトップは普通の記事でなくて、広告だったのです。

mukashi027.jpg
明治25年12月1日、信濃毎日新聞1面

 その広告によると、市川左團次は、長野の千歳座での公演に
招かれたことで、善光寺に参詣したいという長年の願いがかなう
と喜んでいます。
 善光寺のある町だからこそ、この町で行う公演には特別の
思いがあったことでしょう。(小林)

小林竜太郎の門前町・昔ものがたり

長野郷土史研究会青年部/光竜堂代表の小林竜太郎さんが、知ると門前生活が面白くなる歴史トピックスをご紹介。
善光寺びんずる市

善光寺びんずる市

雑貨クラクサ

雑貨クラクサ

善光寺表参道ギャラリーライン

善光寺表参道ギャラリーライン

もんけん通信

もんけん通信

もんぜんまち劇場

もんぜんまち劇場

ナノグラフィカweb

ナノグラフィカweb

ネオンホール

ネオンホール

エネルギー研究会

エネルギー研究会

ページ先頭へ