僕の趣味の一つに「街角の猫撮影」というものがあります。
腕前は大したことないのですが、二つのこだわりがありまして、
一つはズームレンズを使わず、出来るだけ猫に近づくこと、
もう一つは猫の目線まで視点を下げること、です。

自然と、僕自身の姿勢は、
銃弾の雨をかいくぐる兵士さながら、
匍匐(ほふく)前進ということになります。

門前界隈を腹ばいで進む男をみかけたら、多分、僕です。
そっと見守ってやってください。

今日の収穫。
いい猫です。
anzai7709.JPG

門前の「猫口密度」ですが、
非常に高いように思います。
世界中の町で猫撮影にいそしんできた僕が感じるのだから、
結構なものだと思います。

「猫口密度」が高い街の条件は、
クルマ通りの少ない細い路地が多いこと、
一戸建ての比率が高いこと、かな。
あまり根拠はありませんが、そんな感じがします。

 

(おまけ。散歩の最中に寝てしまった娘。夫記)
anzai7729.JPG

安斎家のフツウな門前生活

子連れで門前に引越してきた一家の暮らしぶりを徒然なるままに綴ります。
善光寺びんずる市

善光寺びんずる市

雑貨クラクサ

雑貨クラクサ

善光寺表参道ギャラリーライン

善光寺表参道ギャラリーライン

もんけん通信

もんけん通信

もんぜんまち劇場

もんぜんまち劇場

ナノグラフィカweb

ナノグラフィカweb

ネオンホール

ネオンホール

エネルギー研究会

エネルギー研究会

ページ先頭へ