_MG_1054 のコピー.jpg


『国定忠治』の蔵春閣公演の終了とともに、
6月から半年間やってきた演劇入門講座が終わりました。

この講座が門前にもたらしたものは何だったのか・・・

マゼコゼの小池さんが終演後のアンケートに
「芝居はよかった、申し分ない。だけど、
これからどうやって門前暮らしと演劇(芸術、文化)を
結びつけていくのか、それを一緒に考えていかなくちゃね。」
みたいなことを書いていて、これまで身内にさえこじつけと
言われてしまう『門前暮らしで演劇企画』を進めてきて
いつもいつも立ちはだかってきたこの問題は
予感も確信もあるけれどそれでしかない、
わかりにくさ、伝えにくさ、それによる大変さを抱えていて
だからといって簡単なことじゃないことも承知しながら
もどかしく、誰か教えてと叫びたいこともしょっちゅうです。

例えば今回の集客に関して
事前の予約が少なくて、権堂の野外版もあったし、エネルギーが
拡散しちゃったかなあと心配していたものの、結局は出演者の
知り合いが大勢観に来てくれて結局
二日で200人、プレビューをあわせると260人、権堂野外公演も
入れたら500人の人に観てもらえたわけですが、

制作側としては、出演者に集客を頼るのは情けない、
『門前で演劇』が浸透していない現実をつきつけられた
そんな思いもあって複雑な心境でした。

そんな思いに対して
今回演劇を初めてやった6人の家族や同僚、友人など、
演劇を見たことがない、その人のそのような営みを見たことがない、
そういう人たちが理由はどうであれ、劇場に足を運び、演劇を観た、
しかもその劇場は、その大きさや過去の偉功とは無縁に、
日常的に訪れる人のほとんどいない建物で、舞台と客席は
利用者の手によって手作りされた、そのような行為は価値がある、
と言ってくれる人もいます。

門前暮らしと演劇を結ぶこと。
行為を積み重ねていくこととそれを言語化する作業。
私にとっては途方もない作業ですがもしかしたら
言語化しなくてもいいような世界をめざせばいいのか?

あっ、そっちの方が途方もないですね。


(たまみ)







門前暮らし スタッフ日記

「長野・門前暮らしのすすめプロジェクト」のスタッフの毎日を綴る日記です。
善光寺びんずる市

善光寺びんずる市

雑貨クラクサ

雑貨クラクサ

善光寺表参道ギャラリーライン

善光寺表参道ギャラリーライン

もんけん通信

もんけん通信

もんぜんまち劇場

もんぜんまち劇場

ナノグラフィカweb

ナノグラフィカweb

ネオンホール

ネオンホール

エネルギー研究会

エネルギー研究会

ページ先頭へ