義姉(といっても年下)のおじいちゃんおばあちゃんが佐渡でお米をつくっています。
そのお米を分けてもらい、「うまいうまい」と食べていました。

それまではおはずかしい話、もっぱら無洗米をスーパーで買っていました。
米のとぎ汁が出ないから環境にやさしい、という話を聞いていたのと、
何より楽チンだから。

ところが佐渡の新米のおいしいこと!

にわかに米のおいしさに目覚めた私は、「米は米屋だろう」と
こめや東町」へ行きました。

「ぷくぷく亭」のおにぎりは何度か食べたことがあったけれど、
米を買うのは初めて。

お米屋さんの米って、さぞお高いのだろうと勝手に思い込んでいたら、
スーパーのとほとんど値段は変わらないのですね。
知らなかった。

数種類ある中から、以前から食べてみたかった
浅科の五郎兵衛米(ごろへいまい)を選び、お店の方に10キロお願いしたところ、
「ご家族は多いですか?」とたずねられました。

3人家族だけど、そろそろ臨月だし、まとめて買っておこうと思った旨を伝えると、
精米後はどんどん味が落ちてしまうので、
できれば3~5キロずつ買った方が良い、とのこと。

「旧長野市内にお住まいでしたら、3キロから配達できますよ」
しかも配達料は無料。
知らなかった。
そして、なんてありがたい。

これからは、幼子連れでも身重(みおも)でも、
米びつが空になることなど、恐るるに足らず。
日々おいしいご飯にありつけます。

(妻記)

anzai8182.JPG

安斎家のフツウな門前生活

子連れで門前に引越してきた一家の暮らしぶりを徒然なるままに綴ります。
善光寺びんずる市

善光寺びんずる市

雑貨クラクサ

雑貨クラクサ

善光寺表参道ギャラリーライン

善光寺表参道ギャラリーライン

もんけん通信

もんけん通信

もんぜんまち劇場

もんぜんまち劇場

ナノグラフィカweb

ナノグラフィカweb

ネオンホール

ネオンホール

エネルギー研究会

エネルギー研究会

ページ先頭へ