_MG_4120 のコピー.jpg

もんぜん古文書入門がありました。

この日は、明治時代に門前界隈で作られた広告集をテキストにして、
活字のチラシを勉強しました。

この時代には長野で博覧会が行われていたとか、この時代から電話を
引いている商店が増えてきたとか、小林一郎さんが話してくれた、
チラシが作られた時代の背景の説明が面白かったり、
チラシのデザインに対するコメントがやんわりとした笑いを誘っていたりと、
とても楽しい講座でした。

_MG_4119 のコピー.jpg



明治時代のチラシってなんでこんなに、センスがいいんだろう。
デザイナーなんて言葉がない時代だと思うけれど、
いったい誰がチラシを作っているんだろう。気になる所です。


次回の講座は、来年の1月20日(木)です。楽しみだなぁ。


(はるな記す)





門前暮らし スタッフ日記

「長野・門前暮らしのすすめプロジェクト」のスタッフの毎日を綴る日記です。
善光寺びんずる市

善光寺びんずる市

雑貨クラクサ

雑貨クラクサ

善光寺表参道ギャラリーライン

善光寺表参道ギャラリーライン

もんけん通信

もんけん通信

もんぜんまち劇場

もんぜんまち劇場

ナノグラフィカweb

ナノグラフィカweb

ネオンホール

ネオンホール

エネルギー研究会

エネルギー研究会

ページ先頭へ