昭和32年(1957)以来、半世紀に渡って運転されてきた
長野電鉄の2000系車両が、2月25日で定期運用を終えます。
今年夏まではしばらく貸し切り用の車両として残る予定ですが、
もう日常的には乗れなくなります。

 2000系は、長電が独自に新車としてつくった車両で、
特急に使われ、「長野育ち」の長電の顔というべき存在でした。
現在のそれ以外の車両は、すべて東京で走っていたものを譲り
受けた中古の車両です。

 現在は長野駅から善光寺下駅の先までが長野大通りの地下に
なってしまいましたが、長電は、昭和56年(1981)
2月28日まではすべて地上を走っていました。来月3月1日で
長野駅から善光寺下駅の先まで地下鉄になって、ちょうど30周年
です。
 地上から地下への変化を見届けてきた最後の車両が地下鉄化
30周年のタイミングで消えてしまうのは、寂しいです。


mukashi035.jpg
写真の車両(D編成)は、昭和39年製造。つまり、最初の
17年ほどは地上を走っていた車両。先日、長野駅にて撮影。

 おすすめの本:『写真でよみがえる長野電鉄地上線』
        『長野電鉄 マルーン時代』

小林竜太郎の門前町・昔ものがたり

長野郷土史研究会青年部/光竜堂代表の小林竜太郎さんが、知ると門前生活が面白くなる歴史トピックスをご紹介。
善光寺びんずる市

善光寺びんずる市

雑貨クラクサ

雑貨クラクサ

善光寺表参道ギャラリーライン

善光寺表参道ギャラリーライン

もんけん通信

もんけん通信

もんぜんまち劇場

もんぜんまち劇場

ナノグラフィカweb

ナノグラフィカweb

ネオンホール

ネオンホール

エネルギー研究会

エネルギー研究会

ページ先頭へ