僕の父親は、よく言えば大らか、悪く言えばテキトーな人です。
息子に対して「勉強しろ」などと一度も言ったことはない放任主義でしたし、
また、各種イベントや年中行事には積極的ではありませんでした。

しかし、なぜか節分に関しては、異常なまでにストイックでした。

家中の窓という窓を開け、その全てへ向けて僕に豆を投げさせ、
「鬼は外、福は内」の声が小さいと、
「もっと大きな声で!」と怒るのです。

小学校高学年にもなると、隣家に聞こえるのが嫌で、
どうしても小さな声になるのですが、許されません。

そして、きちんと歳の数だけ豆を食べます。
父親は40歳を超えても、几帳面に数えては食べていました。

幼い頃、鬼に何かされたトラウマでもあるのではないかと思えるほど、
節分はわが家の重要行事でした。

さて、
一家の長となった僕も、節分にはそれなりの覚悟を持って挑むべし、と思っていたのですが、
仕事を終え帰宅したところ、妻いわく「豆まきは済んだよ」とのこと。

聞くところによると、
クマのぬいぐるみに鬼の面をつけて、申し訳程度に豆をぶつけたそうです。
しかも豆は落花生。
長野では主流だそうですが、殻つきの落花生で鬼が逃げるとは思えません...。

うむむ。
節分スパルタを受けた僕としては思ってしまうのです。
妻よ、それでわが家に福は来るのか。

setsubun_anzai.JPG

(夫記)

安斎家のフツウな門前生活

子連れで門前に引越してきた一家の暮らしぶりを徒然なるままに綴ります。
善光寺びんずる市

善光寺びんずる市

雑貨クラクサ

雑貨クラクサ

善光寺表参道ギャラリーライン

善光寺表参道ギャラリーライン

もんけん通信

もんけん通信

もんぜんまち劇場

もんぜんまち劇場

ナノグラフィカweb

ナノグラフィカweb

ネオンホール

ネオンホール

エネルギー研究会

エネルギー研究会

ページ先頭へ