3月19日は直太朗が生まれて100日目。
その翌日の20日に、お宮参りとお食い初めを行いました。

omiyamairi_anzai.jpg

この日のために、たくさんの方のお世話になりました。

まず湯福神社宮司の斎藤さん。
二つのお祭りを掛け持ちする多忙な一日だったにも関わらず、
我が家のために時間を工面してくださいました。

下の写真は、実は二度目のお祓い。

guuji_anzai.jpg

写真を取り損ねた僕のために、
お願いしてもう一度お祓いをしていただきました。
最後には宮司さん自らカメラを構え、家族全員の記念写真を撮ってくださいました。

以前、境内を通りかかった子どもたちを「こっちおいで」と呼び寄せて
お祓いをしてあげている姿を見て、
なんとも気さくな宮司さんだな、と思っていましたが、
実際に儀式を執り行っていただいて、あらためて人柄の良さに触れました。

下の掛け衣装は、桜枝町の呉服屋さん「たけのや」さんにお借りしたもの。

kimono_anzai.jpg

レンタルなど掲げていない呉服店に、妻が駄目もとでたずねたところ、
快く正絹(しょうけん)の立派な掛け衣装を貸してくださいました。
写真スタジオなどで貸し出す衣装は、洗えるポリエステル製がほとんど。
きっと直太朗は違いの分かる男に育つでしょう。

お食い初めの席は、我が家の二階に設けました。
妻の両親と、たまたま帰省していた妻の兄一家と、我が家の計10人が集まったのですが、
問題となったのは、それだけの大人数が囲める食卓がないこと。

osushi_anzai.jpg

事前に大家さんに相談すると、「公民館から長机を借りてきてあげるよ」とのこと。
いつも何かと頼っては世話を焼いていただき、
子どもたちを構ってくださる大家さん夫妻のおかげで、
素敵な門前生活を送ることができています。

尾頭付きのお造りと握り寿司は、南石堂町の「高砂寿司」さんにお願いしました。
立派な鯛に直太朗の目も釘付け。

okuizome_anzai.jpg

お世話になった皆様ありがとうございました。
おかげ様で心に残る一日となりました。

震災の影響で来ることができなかった僕の両親にも
この場にいてほしかったなぁ。

(夫記)

安斎家のフツウな門前生活

子連れで門前に引越してきた一家の暮らしぶりを徒然なるままに綴ります。
善光寺びんずる市

善光寺びんずる市

雑貨クラクサ

雑貨クラクサ

善光寺表参道ギャラリーライン

善光寺表参道ギャラリーライン

もんけん通信

もんけん通信

もんぜんまち劇場

もんぜんまち劇場

ナノグラフィカweb

ナノグラフィカweb

ネオンホール

ネオンホール

エネルギー研究会

エネルギー研究会

ページ先頭へ