2歳2ヶ月の娘は、私が「お腹空いた」とつぶやくと、
「何か作ってあげる」と言って、自分のままごとセットで何やらこしらえては
「はい、どーじょー」と持ってきてくれます。

彼女のままごとセットの内訳は、
木製の野菜と包丁のセット(出産祝いにいただいたもの)、
プラスチック製の食器セット(離乳食用にといたたいだもの)、
ジュージューと音が出るフライパン(大家さんからいただいたもの)。

料理の幅を広げてもらおうと、娘が寝ている間に煮込み用の両手鍋を自作してみました。
100円ショップのアルミ皿とアルミテープと針金を駆使し、
安上がりだけど、二重にしたから割と丈夫。
しかも実際に火にかけられます(そんな必要ないけど)。

nabe_anzai.jpg

さて、上記ままごとセットの内訳からもおわかりの通り、
うちではあまり子どものためのおもちゃは買いません。
それでもいただきものやらお絵描きノートやら雑誌のふろくやら、
だんだん増えてきた子どものものが、カゴひとつに納まらなくなってきました。

そこで、収納用の段ボールボックスをふたつ購入しました。
オーブン付きのコンロと、時計付きの調理台がプリントしてあって、
組み合わせればミニキッチンのできあがり。

kichin_anzai.jpg

ソファの裏側が、彼女専用のキッチンとなりました。

早速、寝起きのままキッチンに立ち、
鍋で煮込んだトマトを振る舞ってくれました。

tomato_anzai.jpg

(妻記)

安斎家のフツウな門前生活

子連れで門前に引越してきた一家の暮らしぶりを徒然なるままに綴ります。
善光寺びんずる市

善光寺びんずる市

雑貨クラクサ

雑貨クラクサ

善光寺表参道ギャラリーライン

善光寺表参道ギャラリーライン

もんけん通信

もんけん通信

もんぜんまち劇場

もんぜんまち劇場

ナノグラフィカweb

ナノグラフィカweb

ネオンホール

ネオンホール

エネルギー研究会

エネルギー研究会

ページ先頭へ