ゴールデンウィークの過ごし方で一つ後悔があります。

善光寺花回廊のイベントの一環として、
井原羽八夏(はやか)さんのライブがありました。
僕は、てっきり連休初日の5月3日開催だと思っていたのですが、
平日の2日に開かれたそうです。
普通に会社で働いていた僕はすっかり行きそびれてしまいました。

はやかさんは、ナノグラフィカでちょくちょく店番をしているので
顔見知りだったのですが、印象としては控えめでおとなしそうな女の子。
ミュージシャンだとはつゆ知らず。
知ったのは最近のことです。
でも、言われてみれば内に何かを秘めたるオーラはあります。

34歳にして音楽活動を開始しようとしている僕としては、
どのように曲を書いているのか興味があってお話を聞きに行きました。

はやかさんは、大学時代まで人前で歌うようなことは一切なく、
ひたすら自分自身に聞かせるために詩と曲をつくりだし、
それを吹き込んだり書き留めたりしながら、
誰にも聞かせることなく溜め込んでいたそうです。

大学四年の時にそのことを友達に打ち明けたところ、
友達がキャンパス内のピアノがある講義室を借りて
はやかさんのライブを企画してくれたそうで、
そこで自分が歌った曲を友人たちが帰りに口ずさんでくれたことをきっかけに
本格的に音楽活動を開始しようと思ったとのこと。

ライブのスタートは、権堂のライブハウスNEONHALLの「歌って!一曲onステージ」。
人前で演奏しながら歌ってみたいという方におすすめのコーナーです。
僕もとりあえずそこでデビューすることを目標に、ギターの腕を磨こうと思います。

はやかさんの曲と歌声は透明感があって、
でも詩には、背筋を伸ばして生きていこうとする力強さがあって、
僕はとても素敵だと思います。

どうぞ聞いてみてください。お気に入りの「じゃあにぃ」。

はやかさんのアルバム「ちいさいちいさい歌に」は
ナノグラフィカでお買い求めいただけます。

あ、曲の作り方に関しては、あまり参考になりませんでした。

現在の彼女は、浮かんでくるフレーズを書き留めたり、吹き込んだりせず、
頭の中で反芻しているそうで、忘れなかった曲だけを採用しているそう。
「素敵な曲は、ブーメランみたいにまた帰ってくるんですよね」と無邪気に笑います。
うーん、ハードルが高すぎる...。

人間には、曲と詩が脳に降ってくる人と降ってこない人がいるみたいで、
僕は後者のようです。

hayaka3_anzai.jpg

hayaka2_anzai.jpg

 hayaka_anzai.jpg

(店番をするはやかさん)

(夫記)

安斎家のフツウな門前生活

子連れで門前に引越してきた一家の暮らしぶりを徒然なるままに綴ります。
善光寺びんずる市

善光寺びんずる市

雑貨クラクサ

雑貨クラクサ

善光寺表参道ギャラリーライン

善光寺表参道ギャラリーライン

もんけん通信

もんけん通信

もんぜんまち劇場

もんぜんまち劇場

ナノグラフィカweb

ナノグラフィカweb

ネオンホール

ネオンホール

エネルギー研究会

エネルギー研究会

ページ先頭へ