1166バックパッカーズの隣にとても瀟洒な建物があります。
門前住人も、1166のゲストも、たびたびカメラに収めるその趣ある建物は、
かつて「森山砲銃火薬店」という猟銃などを扱うお店でした。

moriyama_anzai.jpg

ご主人は十数年前に亡くなり、ご商売はやめてしまいました。
その奥さん、87歳になる森山スズさんにお話をお聞きする機会に恵まれました。

スズさんのご実家は、JALシティホテルの裏にあるお寺、栽松院。
学生時代はまったく勉強をせず、志賀高原でスキーばかりしていたそうで、
「スキーが縁で主人と結婚したようなものね」とニコリ。

ご主人は店の軒先に腰掛けては、道行く人に声をかける気さくな人だった、と
スズさんは楽しそうに振り返ります。

建物は亡くなられたご主人のお父さんが建てられたとのこと。
正確な築年数は分からないものの、
スズさんがお嫁に来たときには既にあったそうなので、少なくとも戦前。

天井はドイツ製の陶板で出来ており、
当時は、長野では森山邸とホテル犀北館、そして蔵春閣の3棟にしかなかったそうです。
今では森山邸のみ。
どう手入れされているのか、未だに真っ白です。

tenjo_anzai.jpg

扉もドイツ製の姿見の、鏡の部分をガラスに張り替えたものだそうで、
押してみるとずっしりと重みがありました。
「ガラスも舶来物なのよ」とスズさん。
「ホントに素敵なお宅ですね」とお世辞抜きに賞賛すると、
スズさんは「それはそれは、おじいさんも天国で喜んでるでしょうね」とにっこり。

1166ができたおかげで
「この前の道も最近めっきり減った人通りが、また戻ってきたわ」と目を細め、
「ホント、明るくていい子が来てくだすったわ」と
1166のオーナー・織絵ちゃんのことを嬉しそうに褒めていました。

娘の多笑を見ると「ホントにかわいいねぇ」とほお擦り。

hoozuri_anzai.jpg

(多笑は突然のことに固まってしまいましたが)

帰り際、「またいつでもお茶のみにおいで」といつまでも手を振ってくださいました。
門前にまた立ち寄りどころができました。

(夫記)

安斎家のフツウな門前生活

子連れで門前に引越してきた一家の暮らしぶりを徒然なるままに綴ります。
善光寺びんずる市

善光寺びんずる市

雑貨クラクサ

雑貨クラクサ

善光寺表参道ギャラリーライン

善光寺表参道ギャラリーライン

もんけん通信

もんけん通信

もんぜんまち劇場

もんぜんまち劇場

ナノグラフィカweb

ナノグラフィカweb

ネオンホール

ネオンホール

エネルギー研究会

エネルギー研究会

ページ先頭へ