門前の周辺には、かつてたくさんの温泉がありました。

 湯谷、塩沢、焼野、山の神、伊香保、往生寺、狐池、裾花、竜宮淵、茂菅

 塩沢、狐池、茂菅は、それぞれ最盛期は2軒もありました。

 実際には温度が低いので、わき出す冷泉を沸かしていて、
「鉱泉」と呼ばれるものでした。

 下の地図は、2006年発行の長野郷土史研究会の機関誌
『長野』249号に掲載したもので、私がまとめました。(デザイン:近藤弓子氏)

mukashi038.jpg
 

 門前周辺の温泉は、江戸時代の終わり頃から盛んになりましたが、
現在まで江戸時代からずっと続くのは、箱清水の「山の神温泉」のみ
です。ただ、山の神温泉は、宿泊客のみが入浴できます。

 これらの温泉を最も利用してきたのは、善光寺の参拝者というより、
門前町の人たちです。ぶらりと山手の温泉を楽しみに行くのは、
かつて門前町に根付いた文化だったわけです。

小林竜太郎の門前町・昔ものがたり

長野郷土史研究会青年部/光竜堂代表の小林竜太郎さんが、知ると門前生活が面白くなる歴史トピックスをご紹介。
善光寺びんずる市

善光寺びんずる市

雑貨クラクサ

雑貨クラクサ

善光寺表参道ギャラリーライン

善光寺表参道ギャラリーライン

もんけん通信

もんけん通信

もんぜんまち劇場

もんぜんまち劇場

ナノグラフィカweb

ナノグラフィカweb

ネオンホール

ネオンホール

エネルギー研究会

エネルギー研究会

ページ先頭へ