まるでヨーロッパの歴史ある図書館のような
もしくは宮沢賢治の小説に出てきそうな佇まい。

yureki_anzai.jpg

明日、6月8日(水)、東町のKANEMATSUに遊歴書房という古書店がオープンします。
遊歴書房のキャッチコピーは、世界地図の棚、人文書の森、一万冊の本の地球儀。
わくわくさせてくれそうな人がまた門前に加わります。

さて、オープンに合わせてイベントが開かれます。

イベントの詳細は下記のとおり。
●場所:KANEMATSU(長野市東町207-1)
●時間:6月8日18:00〜21:00(トークセッションは18:30頃から)
●定員:特にナシ
●料金:無料
※フリードリンク/フリーフード(軽食)
ーーーーーーーーーーーーーーータイムテーブルーーーーーーーーーーーーーーー
18:00 入場
18:30 トークセッション(〜なぜ今、本屋なのか〜)
     宮島悠太(遊歴書房)・イマイタケヒロ(Book&Cafe ひふみよ
     宮本圭(建築家/シーンデザイン
     コーディネーター/安斎高志(会社員
19:15 井原羽八夏ピアノライブ(15分〜30分程度を予定)
19:30 フリータイム
20:45 スペシャルライブ(5分程度を予定)
21:00 終了。


本好き、書店好き(僕はこのカテゴリーに属します)、門前好き、どんな方でも結構です。
わが街にオープンするこの素敵な本屋さんを見に来てください!
せっかくなので、店主の思いも聞いてください!

(夫記)

安斎家のフツウな門前生活

子連れで門前に引越してきた一家の暮らしぶりを徒然なるままに綴ります。
善光寺びんずる市

善光寺びんずる市

雑貨クラクサ

雑貨クラクサ

善光寺表参道ギャラリーライン

善光寺表参道ギャラリーライン

もんけん通信

もんけん通信

もんぜんまち劇場

もんぜんまち劇場

ナノグラフィカweb

ナノグラフィカweb

ネオンホール

ネオンホール

エネルギー研究会

エネルギー研究会

ページ先頭へ