昨日の遊歴書房さんのオープニングパーティーで
トークセッションのコーディネーターを務め、
そのことで顔と名前とブログが一致したことにより、
会場で、思っていた以上に多くの方々から
「いつもブログ読んでます」というお言葉をかけていただきました。

「いつもどんなオチが来るか楽しみにしてます」とかいうプレッシャーや、
「ちっとも『フツウ』じゃないですよね」とかいうツッコミや、
「門前グダグダTVぜひ続けてください」とかいう奇特な励ましなどなど、
実にさまざまな楽しまれ方をしていることが分かり、とても嬉しく思いました。

しかし、その中で、反省させられたのが
「最近、多笑ちゃんの写真が少ないですよね」という一言。
確かに最近、僕の夜遊びネタが増え、
ほのぼのとしたネタの象徴であり、
門前の天使とも言うべき(親バカ)長女・多笑のことを書くことが
減っていたように思います。

omairi_anzai.jpg

最近の多笑は、実に長い時間、善光寺さんに手を合わせるようになりました。
その表情は真剣そのもの。
何をお願いしたのか、何をお祈りしたのかは教えてくれません。
震災復興なのか、家内安全なのか、はたまた人種差別の撲滅なのか。
僕が様々な願いを込めたお祈りを終えて目を開けても、
多笑はなかなか目を開けず、合わせた手を解こうとしません。

2歳児の願いって何だろうな。

宗教って心の法律だと思うんです。
日本人の自殺者が多いのは、無宗教に近い状態だからだと僕は考えています。
道に迷った時に、それでも道を踏み外さないための心の拠り所は必要でしょう。
人間はそんなに強くないし、悟りを開ける人なんて滅多にいない。
弱った時に道標を示してくれるのが宗教なのではないかと、
僕は外国に行くたびに感じてきました。
日本人はもう少し宗教について真剣に考えるべきだと。

多笑にも直太朗にも、言って聞かせるべき心の法律=宗教について、
もう少し学ばなければならないな、と思う今日この頃です。

寅さんも御前様の言うことは絶対聞くもんな。

(夫記)

(おまけ)
オープニングイベント初ライブの様子はこちら→「遊歴書房のテーマ
結局、最後は夜遊びネタですいません。

安斎家のフツウな門前生活

子連れで門前に引越してきた一家の暮らしぶりを徒然なるままに綴ります。
善光寺びんずる市

善光寺びんずる市

雑貨クラクサ

雑貨クラクサ

善光寺表参道ギャラリーライン

善光寺表参道ギャラリーライン

もんけん通信

もんけん通信

もんぜんまち劇場

もんぜんまち劇場

ナノグラフィカweb

ナノグラフィカweb

ネオンホール

ネオンホール

エネルギー研究会

エネルギー研究会

ページ先頭へ