長野郷土史研究会会員の古畑和男さんが本を出版されました。
『善光寺門前町と防火水路  世界に類を見ない「畳差し」』です。

mukashi039.jpg


 安茂里在住の古畑さんは、もともと西之門町のご出身で、今年
80歳。10年ほど前から、生まれ育った門前町の防火水路の研究
をしてこられました。

 この門前町は、たび重なる火災から、いかに善光寺を守るかが
課題でした。そこで町中にはりめぐらされたのが(特に明治24年の
大火後)、この本のテーマである防火水路でした。

 また、緊急時には、畳(たたみ)を防火水路に挟むことで、水をせき
止め、水をくみ出して消火するという行為が行われました。建設部門の
技術者として働いてこられた古畑さんは、この「畳差し」を、世界に
類を見ない知恵と技だと指摘されています。

 古くからの防火水路には、現在も残っている所があります。
その水源である善光寺の北側の池も、かろうじて残されています。
でもそれが、文化遺産としては、まだまだ意識されていないのは
残念です。
 
 古畑さん、門前町が未来に向けて何を伝えたらいいのかの指針と
なる貴重なご研究をまとめていただき、ありがとうございました。

小林竜太郎の門前町・昔ものがたり

長野郷土史研究会青年部/光竜堂代表の小林竜太郎さんが、知ると門前生活が面白くなる歴史トピックスをご紹介。
善光寺びんずる市

善光寺びんずる市

雑貨クラクサ

雑貨クラクサ

善光寺表参道ギャラリーライン

善光寺表参道ギャラリーライン

もんけん通信

もんけん通信

もんぜんまち劇場

もんぜんまち劇場

ナノグラフィカweb

ナノグラフィカweb

ネオンホール

ネオンホール

エネルギー研究会

エネルギー研究会

ページ先頭へ