本日7月2日、長野市にまたひとつの本屋さんが開店しました。
ch.books(チャンネル・ブックス) といいます。

場所は県町通り沿い、日赤血液センターの少し南側です。
旧かえるカメラ(という店がかつてここにあったんです)の店舗を上手に改装して、
1階が本屋、2階がデザイン&ライターの事務所であり、
後述のフリーペーパーの編集室になっています。

ここを立ち上げたのは、青木圭くんと島田浩美さん。

ch_books_anzai.jpg

それぞれにデザイナーと編集者として活動してきた彼らは、
独立してこの事務所兼店舗を構えたのと同時に、
新たなフリーペーパーを創刊してしまいました。すごいぞ!

その名も「チャンネル」(画像がなくてすみません)。
創刊号はすでに配布済みなので、ご覧になった方もいらっしゃることでしょう。

実は2人とも私の元同僚なのですが、仕事を離れて家事育児に専念するわが身としては、
好きな本を形にしている彼らの活動が、なんだかうらやましい。
私もまた本を作りたいなーと、ぼんやり考えたり。
でもまだしばらくは、子供たちと一緒に過ごしたい、と思い直したり。
まあ、無理のない範囲で少しずつ仕事復帰するのがいいのかなあと思っています。

さて、ch.books。

その品揃えですが、ショップカードを引用すると、
ー「アート」と「旅」をメインテーマとして、新刊本と和洋雑誌、絵本などを取り揃える、
とのこと。

書店としての営業の傍ら、さまざまなイベントも企画しています。
現在は、松本近辺在住の女子による「おしゃれPomPom」という企画展を開催中。

そして7月19日には、京都は白川通り沿いの名物本屋「ガケ書房」の店主、
山下さんを迎えてのトークイベントを開催するとか。行きたいぞ!

先にオープンした「遊歴書房」「Book&Cafe ひふみよ」と合わせて、
今後も楽しみな本屋さんです。


ch.books(チャンネル・ブックス)
長野市南県町1069

(妻記)

安斎家のフツウな門前生活

子連れで門前に引越してきた一家の暮らしぶりを徒然なるままに綴ります。
善光寺びんずる市

善光寺びんずる市

雑貨クラクサ

雑貨クラクサ

善光寺表参道ギャラリーライン

善光寺表参道ギャラリーライン

もんけん通信

もんけん通信

もんぜんまち劇場

もんぜんまち劇場

ナノグラフィカweb

ナノグラフィカweb

ネオンホール

ネオンホール

エネルギー研究会

エネルギー研究会

ページ先頭へ