今日、ではなく日付変わって昨日は、びんずる祭りでした。

わが夫がなぜかボンクラ連の連長に任命されたので、その勇姿を見守ってきました。
写真は善光寺さんでの採火式後、法燈行列のはじまりを待つ夫とmanz-designの太田氏。

rencho_anzai.jpg

採火式とは、びんずる踊りの行列を照らすかがり火を、
善光寺さんのお燈明からいただく儀式です。
燈明みこしに移された火は、踊り連の連長らの行列を伴って、
分火式の会場であるTOiGO(トイーゴ)広場へと運ばれます。
そして燈送衆(ひおくりしゅう)によって各所に設けられた火釜へと次々に運ばれ、
一斉点火と同時に踊りがスタートするわけです。

私は今回はじめてこの儀式の一部を見物しましたが、
善光寺さん境内に、踊り連の名入り提灯を掲げた連長と副連長が一堂に会す様は、
なかなか見応えがありました(写真手前に居並ぶのは木遣り保存会の皆さん)。

saikasiki_anzai.jpg

何より格好良かったのは、燈送衆が火の粉散る長い燈送棒を担いで、疾走していく姿。

ただ残念なことに、音響機材の具合が悪いのか、その様子を実況する声は、
雑音だらけのうえブツブツ途切れて、ほとんど聞き取れない。
多くの人が、目の前を疾走していく燈送衆の存在に気付いていないようでした。
(踊りがスタートしてからも、肝心の音楽はブツ切れ。音響機材の刷新が必要と思われます)

祭りとは無縁だった夫が、門前に越してきて早々に地元の祭りに誘われて、
人生初の神輿を担いだのが、昨年のこと
今年はこうしてびんずるに参加している。

ありがたいことです。


以下、このブログをアップしようと画像をいじっていた時の母娘の会話。

娘「おおたちゃんのちゃちん、もっとみたい。
  たえちゃん、おおたちゃんちゅきなんだー」
母「あれ、ひふみよさんが好きなんじゃなかったの?」
娘「ひふみよのいまいちゃんもちゅき。あと、おとうちゃんもちゅきだなー」

ですって。良かったね、お父ちゃん。

(妻記)

安斎家のフツウな門前生活

子連れで門前に引越してきた一家の暮らしぶりを徒然なるままに綴ります。
善光寺びんずる市

善光寺びんずる市

雑貨クラクサ

雑貨クラクサ

善光寺表参道ギャラリーライン

善光寺表参道ギャラリーライン

もんけん通信

もんけん通信

もんぜんまち劇場

もんぜんまち劇場

ナノグラフィカweb

ナノグラフィカweb

ネオンホール

ネオンホール

エネルギー研究会

エネルギー研究会

ページ先頭へ