僕は今のこの善光寺門前町を自慢に思っています。
そんな僕にとって、魅力的なプロジェクトが進んでいます。
「平成の武井神社御柱祭 大絵馬奉納プロジェクト」、略して「絵馬プロ」。
活動の詳細や趣旨は絵馬プロのブログに記されているので、そちらを参照してください。

本日はその絵馬プロに寄進をしてきました。

kishin_anzai.jpg

一万円以上の寄付をした人は、絵馬の裏側に名前が記されます。

また、制作現場であるKANEMATSUに足を運んだ人は誰でも、
「未来への一言」を書いて、そのメッセージとともに撮影してもらえます。
そのデータは記録メディアに保存され、絵馬の裏側に貼り付けられる計画です。

僕も未来へのメッセージを書き、撮影してもらいました。
僕のメッセージは「子供たちが その子供たちに自慢できる街に」。

message_anzai.jpg

絵馬そのものも、素晴らしいものになりそうです。
絵師・OZさんが1500枚もの写真を基に下絵を完成させ、
これから3.6×1.2mの板に絵付けをしていきます。

sitae_anzai.jpg miyamoto_anzai.jpg

上が、完成した下絵の一部。木遣り隊の先頭に描かれているのは、
このプロジェクトの発起人の一人である宮本圭氏
そして下の写真が取材に答える宮本氏当人。似ている...。
下絵なのにここまで詳細に描かれているのです。

御柱祭当日その場にいた人は、たとえ一見物者であっても
絵馬に描き入れてくれます。
当日、カメラを持って写真を撮りまくっていた僕は、
ファインダーを覗く自分を描いてもらおうと思っています。


24年に一度の御柱祭の様子を絵馬に描いて、武井神社に奉納するこのプロジェクトは、
武井神社の長い歴史でも、万延元(1860)年、大正15年、昭和61年の
計3回しか行われていません。
下の写真は大正の大絵馬。武井神社に飾られています。

ema_anzai.jpg

見比べると、その時代ごとの街の様子と、街の人たちの思いや生き方が伝わってきます。
そうした絵馬を今この時にも残そうというこのプロジェクト、
僕はとても素敵だと思います。

ほとんどはボランティアの力によって運営していますが、
材料費、制作費などは当然かかります。
これらは市民有志の寄付金によってまかなわれます。
寄付金の目標額は150万円。

僕は今のこの街を自慢に思っています。
ナノグラフィカの活動があって、ボンクラの活動があって、
こまつやができて、1166バックパッカーズができて、ひふみよができて、
素敵な人々が住んでいる。

24年後、48年後の御柱祭の時に、僕の子供たちやその子供たちに
「今も素敵な街だけど、あの頃も素敵な街だったんだよ。
 ほら、ここでおじいちゃんがカメラ構えているでしょ。
 ここで木遣りをあげているのは友達でね...」なんて話をしてみたい。

みんなで今この時の門前町を歴史に残しませんか。

150万円まで、あとどれくらいかな。

(夫記)

安斎家のフツウな門前生活

子連れで門前に引越してきた一家の暮らしぶりを徒然なるままに綴ります。
善光寺びんずる市

善光寺びんずる市

雑貨クラクサ

雑貨クラクサ

善光寺表参道ギャラリーライン

善光寺表参道ギャラリーライン

もんけん通信

もんけん通信

もんぜんまち劇場

もんぜんまち劇場

ナノグラフィカweb

ナノグラフィカweb

ネオンホール

ネオンホール

エネルギー研究会

エネルギー研究会

ページ先頭へ