生まれて初めて、「写真は楽しい」と思っています。

大学生の頃、課題をこなすため暗室にこもったこともあります。
最初の就職先では、自社施工物件の写真処理が仕事のひとつでした。
編集の仕事では、毎日のように写真に向き合っていました。

でも、自ら好んで写真を撮りたいとか、ましてや撮ってて楽しいとか、
思ったことはありませんでした。

思うような写真が撮れないから、ますます撮ろうとしない、
そんな悪循環の末、ずいぶんカメラから遠ざかっていました。

その私が、昨日は一日中子供たちにカメラを向けていました。

ukurere_anzai.jpg

tatunaotaro_anzai.jpg

夫が買ったなんとかいうレンズがとても良いです。

細かな設定は夫にしてもらって、私がいじるのはピント位置くらい。
それさえおぼつかない拙さながら、一時もじっとしていない子供たちを追いかけて
夢中でシャッターを切りました。

mojanaotaro_anzai.jpg

nerutae_anzai.jpg

写真を見ながら思い知ったこと。
ありふれた日常は、かけがえのない一瞬のくりかえしである、と。

きっと子供たちは、あっという間に大きくなってしまう。
ふたりの幼子に手を焼くかけがえのない今を、存分に楽しもうと思います。

(妻記)

安斎家のフツウな門前生活

子連れで門前に引越してきた一家の暮らしぶりを徒然なるままに綴ります。
善光寺びんずる市

善光寺びんずる市

雑貨クラクサ

雑貨クラクサ

善光寺表参道ギャラリーライン

善光寺表参道ギャラリーライン

もんけん通信

もんけん通信

もんぜんまち劇場

もんぜんまち劇場

ナノグラフィカweb

ナノグラフィカweb

ネオンホール

ネオンホール

エネルギー研究会

エネルギー研究会

ページ先頭へ