旅の魅力はいろいろあれど、
その一つに、出会いというものがあると思います。

とりわけ、ドミトリー(相部屋)を選ぶ旅人というのは、

出会いを求めていると僕は思うのです。

僕自身がそうでしたし、

一人になりたいならドミトリーは選ばないと思います。

 

僕は1166バックパッカーズでよくお酒を飲んでいます。

ある人は言いました。

「よく知らない人ばかりのテーブルに入っていけますね」。

 

確かに、勇気が要ります。

確かに、場違いの時もあるでしょう。

空気を読むまでに時間を要することもあります。

 

 

しかし、基本的にゲストハウスのラウンジで佇んでいる人は、

新たな出会いを求めていると、僕は思うのです。

 

一方、僕は現在、旅に行きたくても行けない環境にあります。

まぁ、エネルギッシュな人は幼子2人抱えてでも、

徹夜で論文を仕上げてでも旅に出るのでしょうが、

僕にはそこまでのエネルギーがありません。

 

しかし、門前には1166バックパッカーズがあります。

旅人との出会いがあります。

旅の魅力は色々あれど、そのうちの一つ、出会いだけでも味わうことができるのです。


オーナーの織絵ちゃんもきっと

1166バックパッカーズを地元民と旅人をつなぐ場にしたいんだと思います。

その交流が宿泊客の旅の思い出を一層、濃いものにしてくれる、と。

月に何回か開催される「シェア飯会」などのイベントが物語っています。

地元の人が気軽に立ち寄れて、旅人と交流できるように、

場をつくろうとしているのでしょう。

 

1166バックパッカーズは

僕にとっての「どこでもドア」みたいなものです。

扉の向こう側に日本全国だけでなく、世界各国からやって来たゲストがいる。

 

僕にとってかけがえのない場所である1166バックパッカーズは、

明日で1周年を迎えます。

 

門前に宿を構えてくれて、ありがとう。

これからもよろしくお願いします。


1166.jpg


(夫記)

安斎家のフツウな門前生活

子連れで門前に引越してきた一家の暮らしぶりを徒然なるままに綴ります。
善光寺びんずる市

善光寺びんずる市

雑貨クラクサ

雑貨クラクサ

善光寺表参道ギャラリーライン

善光寺表参道ギャラリーライン

もんけん通信

もんけん通信

もんぜんまち劇場

もんぜんまち劇場

ナノグラフィカweb

ナノグラフィカweb

ネオンホール

ネオンホール

エネルギー研究会

エネルギー研究会

ページ先頭へ