わが家に、ついにアレがやってきました。
プリキュアとかいうキラキラしたアニメのごっこ遊びブームです。
娘には、できればいつまでもアンパンマンごっこを続けてもらいたかったのですが、
プリキュア適齢期の娘を持つ父母には抗えない流れのようです。

一緒に見ている僕は、
キンキン声の女の子が早口で何やらまくしたて、うろたえ、
何だかよく分からないコンパクトでチークをはたくうちに変身して、
スマイルの大切さに気付いたとたん覚醒して
キラキラしたビームのようなものが出せるようになったり、
とにかく何だか訳の分からないまま、あっという間に30分が過ぎてしまいます。

どうやら、多笑もそれは同じらしく、あらゆることがうろ覚えです。
まず、スマイルプリキュアが何色で何人かも覚え切れていません(僕も)。

多笑は「ピンク」、
僕は「ブルー」、
妻は「みどり」、
直太朗は「オレンジ」。
(なぜか妻だけ日本語です)

家族4人がスマイルプリキュアに変身して、
ぬいぐるみのくまちゃん扮する「オオカミさん」をやっつけるのですが、
プリキュアが変身する過程や繰り出す技もうろ覚えの多笑は、
おもちゃのトマトを「パタパタパタ」と頬にはたき、
「ぷりきゅあー、ぴーんく!」と変身します。

僕と妻は
「ブルーはタバコ吸って、洗濯物干してから行くわ」とか
「みどりはエビの下処理してから行くわ」とか
どうにかこうにかいなしているのですが、
意に介せず「早くオオカミさんやっつけないとー!」と、しつこく誘われます。

仕方なしに、かわいそうに悪者に仕立て上げられたくまちゃんの前で
「ブルーすまーいる! きらん!」とか言って、一緒に戦います。

ただ、この辺もうろ覚えなので、
多笑は「イチゴ、すまーいる! きらん!」とか言ってやっつけようとするので、
僕も「アスパラー、すまーいる!」とか「スペアリブー、すまーいる!」とか、
適当に相槌を打っていると、
とうとう「ぶたにくー、すまーいる! きらん!」という技まで飛び出しました。
(下写真参照)

puricure2_anzai.jpg

この遊び、いつまで続くんだろう。
アンパンチがなつかしい。
放送終了後、3時間経った今でも僕は「ブルー」と呼ばれ続けています。

(ブルー記)

安斎家のフツウな門前生活

子連れで門前に引越してきた一家の暮らしぶりを徒然なるままに綴ります。
善光寺びんずる市

善光寺びんずる市

雑貨クラクサ

雑貨クラクサ

善光寺表参道ギャラリーライン

善光寺表参道ギャラリーライン

もんけん通信

もんけん通信

もんぜんまち劇場

もんぜんまち劇場

ナノグラフィカweb

ナノグラフィカweb

ネオンホール

ネオンホール

エネルギー研究会

エネルギー研究会

ページ先頭へ