お世話になっている人とのランチを終えて帰宅すると、
見知らぬおばさんが居間にいました。

ちゃぶ台の上には家族四人の名前と数字が羅列された紙。
uranai_anzai.jpg

「あ、ご主人様、お邪魔しております。
 今、ご家族を占っておりまして、そういうのお嫌いですか?」
僕は占いなど信じないし、どちらかと言うと嫌いなのですが、咄嗟のことに
「あ、別にそんなことはありませんけど」と答えてしまいました。

おばさんによると
僕は、
いい時と悪い時の波があり不安定である、
代々、人の上に立つ人である、
上司には恵まれるが部下には恵まれない、
(上に立つ人なのに部下に恵まれない?どっちやねん)
誰からも好かれる反面、人間関係では苦労する、
(どっちやねん)
器用な人で技術職に向いている、
(大雑把で明らかに向いてない)
という人間だそうです。
ちなみに先祖は信心深く「もしかしたら神主ではないかしら」とも言われました。

妻は
とにかく行動力がある、
(極度の出不精)
親に可愛がられたけど、なぜか自分の子どもには淡白、
(そうとは思えない。愛情を降り注いでいるように思える)
頭の回転がとても早い、
(それは確かに)
結婚して(姓が変わって)良かったわよ、
だそうです。

多笑は
強い、びっくりするぐらい強い、
もしかしたら一生涯独身で通しちゃうくらい
(それは困る)
内面が弱いが、弱みを見せないので気をつけないといけない、
(確かに強がるし、大人ぶる)
人に慕われる、
(まだ分からない)
という人間だそうです。

直太朗は
男前(そんな画数があるのか!)、
人見知りをするから取っ付きづらいと誤解されやすい、
(人見知りは今のところしない)
という人間だそうです。

まぁ、適当ですね。
合ってるところは少ないような気がします。


後から妻に聞いたところ、
愚図っている直太朗をあやしているところに、
「占いのサークルで勉強しているんですが、興味ないですか」
と、ズイズイと入って来て、やんわり断ったものの
「手相だけちょっと見せてもらえますか」と上がり込んで来たそうです。

妻は押し売りなどを、きっぱりと断るタイプなのですが、
何だか「これは一体、何を売り込もうとしているのだろうか」と興味を持ったらしく、
ついつい家に上げてしまったそうです。
最初にまず耳を褒められたらしく、
「立派な耳をしてらっしゃる、行動力がおありになる、そう言われません?」
と言われ、いつの間にか画数占いに持ち込まれたとのこと。

おばさん曰く「占いサークルで修行中なので、無償で占っている」。

「また来てもよろしいでしょうか」という申し出をやんわり断りつつ、
いったい何が目的なのかよく分からないまま、
おばさんを見送りました。

(夫記)

安斎家のフツウな門前生活

子連れで門前に引越してきた一家の暮らしぶりを徒然なるままに綴ります。
善光寺びんずる市

善光寺びんずる市

雑貨クラクサ

雑貨クラクサ

善光寺表参道ギャラリーライン

善光寺表参道ギャラリーライン

もんけん通信

もんけん通信

もんぜんまち劇場

もんぜんまち劇場

ナノグラフィカweb

ナノグラフィカweb

ネオンホール

ネオンホール

エネルギー研究会

エネルギー研究会

ページ先頭へ