昨日2月11日から、
南県町のシュッとした本屋、
チャンネルブックスで「ZINE展」が開かれています。

ZINEとはMAGAZINEの「ZINE」。
最近はやりのおしゃれな言葉で言えばリトルプレス、
誤解を招きかねない表現をすれば同人誌など、
大規模に流通しない出版物が並んでいます。

アーティストの1点ものの展示品、
デザイナーが小学生時代に書いた漫画、
プロのカメラマンの写真集などなど、毛色もさまざま。
値段も、僕らが出した「絵馬プロ新聞」のように無料配布のものや、
100円で買えるもの、数千円するような画集など、
本当に幅広い作品が並んでいました。

zine_anzai.jpg

あまりに毛色が違うので、全てを語ることはできません。

僕は、長峯亘氏作「MAIL MAGAZINE」(展示品のみ)で腹を抱えて笑い、
長峯千恵氏作「クルクンパー」(300円)を買って帰りました。
恐るべし長峯夫妻。
一体、夫婦間ではどんな会話がなされているのでしょう。
是非、読んでもらいたいので、内容は記しません。
妻は、「ギフノート」、「oraho」という地方のリトルプレスをお買い上げ。
zine3_anzai.jpg


直太朗が泣き始めたため、じっくり見ることができず、帰って来てしまいましたが、
妻はもう一度、ゆっくり物色しに行くそうです。

(夫記)

ちなみに下の写真は、アーティスト・越ちひろさんの展示品。
航空券や写真だけでなく、
現地で噛んだガム、履いたスリッパなど、
旅の思い出が貼り付けられた、
「ZINE」と呼んでいいのかどうか分からない代物です。
是非一度、手に取って見てください。
アーティストという人種がいかに変わっていて、
いかに面白いか実感できることでしょう。
(あ、ご本人は話してみると、とても気さくでキュートな方です)
zine2_anzai.jpg

安斎家のフツウな門前生活

子連れで門前に引越してきた一家の暮らしぶりを徒然なるままに綴ります。
善光寺びんずる市

善光寺びんずる市

雑貨クラクサ

雑貨クラクサ

善光寺表参道ギャラリーライン

善光寺表参道ギャラリーライン

もんけん通信

もんけん通信

もんぜんまち劇場

もんぜんまち劇場

ナノグラフィカweb

ナノグラフィカweb

ネオンホール

ネオンホール

エネルギー研究会

エネルギー研究会

ページ先頭へ