今日は多笑が初めて一人で幼稚園へ登園する日でした。
これまでより一時間も早く起こされ、不機嫌きわまりない多笑。
「ただでさえ人見知りなのに、こんなんで皆と仲良くできるだろうか...」
と不安な気持ちで見送りました。

しかし、そんな心配も杞憂に終わりました。

僕は娘の成長ぶりに、感心を通り越し、
感動して涙ぐんでしまいました。
先生から戻ってきた「れんらくちょう」には、こう書かれていたのです。

「(前略)
 また、○○ちゃんが泣いているとティッシュを差し出してくれる
 優しい姿がありました。
 クラスの中でも頼もしい存在になりそうです。」

僕も妻も多笑に「お友達と仲良くね」とは言っていましたが、
「やさしくね」なんてことまで気が回らずにいました。

子どもってのは親の想像を超えて成長していくものなのかなぁ。
仲良くどころか、やさしくしてあげるなんて
思ってもみませんでした。

親バカですいません。
自慢の娘です。

人見知りも心配なさそうです。
「れんらくちょう」によると、
「○○ちゃんに『遊ぼう』と誘っている姿が見られました」とのこと。

しかし、さすがに緊張したのか、
送迎のバスを下りるなり僕に抱きついてきて、
いつも以上の甘えっぷり。
よしよし、いい子だ。
たっぷり甘えなさい。
そして、明日も元気に幼稚園へ行ってらっしゃい!

(おまけ。先日、行った家族旅行で初めて浴衣を着た多笑)
toen2_anzai.jpg

(夫記)

安斎家のフツウな門前生活

子連れで門前に引越してきた一家の暮らしぶりを徒然なるままに綴ります。
善光寺びんずる市

善光寺びんずる市

雑貨クラクサ

雑貨クラクサ

善光寺表参道ギャラリーライン

善光寺表参道ギャラリーライン

もんけん通信

もんけん通信

もんぜんまち劇場

もんぜんまち劇場

ナノグラフィカweb

ナノグラフィカweb

ネオンホール

ネオンホール

エネルギー研究会

エネルギー研究会

ページ先頭へ