かつてあった銭湯の跡地を、昭和30年代の地図をもとに訪ねてみるシリーズ。

 今回は、田町にあった「田毎(たごと)の湯」です。

mukashi059.JPG

 田毎の湯は、権堂アーケードの交番前から北に「秋葉横丁」を入って、ます栄(写真左側のクリーム色の建物)などの向かい側にある、現在は月極駐車場になっている所にありました。

 『権堂町史』によると、田毎の湯が開業したのは、明治44年(1911)7月のことでした。そして、昭和61年(1986)4月1日付の信濃毎日新聞によると、昭和61年3月11日をもって閉鎖されました。経営していたのは、西之門町のムラタヤ(久保田甫社長)とのことです。

 田毎の湯とは、しゃれたネーミングですが、田毎とは田町の田の字からイメージして名付けられたのでしょう。メーンストリートからは外れた場所にあるとはいえ、権堂にいた芸妓さんたちも訪れる華やかな銭湯だったはずです。

小林竜太郎の門前町・昔ものがたり

長野郷土史研究会青年部/光竜堂代表の小林竜太郎さんが、知ると門前生活が面白くなる歴史トピックスをご紹介。
善光寺びんずる市

善光寺びんずる市

雑貨クラクサ

雑貨クラクサ

善光寺表参道ギャラリーライン

善光寺表参道ギャラリーライン

もんけん通信

もんけん通信

もんぜんまち劇場

もんぜんまち劇場

ナノグラフィカweb

ナノグラフィカweb

ネオンホール

ネオンホール

エネルギー研究会

エネルギー研究会

ページ先頭へ