かつてあった銭湯の跡地を、昭和30年代の地図をもとに訪ねてみるシリーズ。

 今回は、立町にあった「龍の湯」です。

mukashi061.JPG

 「龍の湯」は、信州大学教育学部の北側を東西に通る道沿いの、現在は「連絡先 伊藤」と書かれた月極駐車場の場所にありました。ここは立町でも一番西寄りになります。写真左端の緑は、教育学部キャンパス内の木です。

 信大の学生に愛用された銭湯だったはずです。

 龍の湯は、平成元年(1989)発行の地図にも載っていました。

 昭和33年の地図には、「滝の湯」(たきのゆ)とありますが、龍と滝(瀧)で、字が似ていることによる間違いだと思われます。

 立町(たつまち)にあるから、龍の湯(たつのゆ)と名付けられたのでしょう。地名を生かした、いいネーミングです。

小林竜太郎の門前町・昔ものがたり

長野郷土史研究会青年部/光竜堂代表の小林竜太郎さんが、知ると門前生活が面白くなる歴史トピックスをご紹介。
善光寺びんずる市

善光寺びんずる市

雑貨クラクサ

雑貨クラクサ

善光寺表参道ギャラリーライン

善光寺表参道ギャラリーライン

もんけん通信

もんけん通信

もんぜんまち劇場

もんぜんまち劇場

ナノグラフィカweb

ナノグラフィカweb

ネオンホール

ネオンホール

エネルギー研究会

エネルギー研究会

ページ先頭へ