銭湯は、まちの社交場です。今となっては意外な、こんな所にもかつて銭湯があったのだと知ると、まちの奥深さが見えてきます。

 かつてあった銭湯の跡地を、昭和30年代の地図をもとに訪ねてみるシリーズ。今回からは、南の門前に範囲を広げていきます。


 まずは、南県町にあった「大国の湯(だいこくのゆ)」です。

mukashi062_1.JPG

 大国の湯は、現在の長野合同庁舎南庁舎前、この写真中央の駐車場になっている場所にありました。手前(南側)を流れるのは、八幡川です。写真には写っていませんが、写真右側の道路のさらに右(東側)には、信濃毎日新聞社の本社ビルがそびえています。

 大国の湯は、近くに大国主(おおくにぬし)神社があることから名づけられたのでしょう。南県町で生まれ育った私の父小林一郎は、よくこの銭湯を利用していたそうです。


 続いては、権堂町にあった「玉の湯」です。

mukashi062_2.JPG

 玉の湯は、金刀毘羅通りの地蔵庵斜め向かい側にありました。現在の「ホテルやま」の2軒西どなりです。つまり、現在は「カラオケTIFFANY」と「居酒屋ちくまがわ」の間にあるビルの場所だったことになります。

 権堂町内では唯一の銭湯でしたが、田町の田毎の湯も、権堂と接した場所にありましたから、権堂に銭湯は、玉の湯と田毎の湯の2軒があったとも言えるでしょう。

 


小林竜太郎の門前町・昔ものがたり

長野郷土史研究会青年部/光竜堂代表の小林竜太郎さんが、知ると門前生活が面白くなる歴史トピックスをご紹介。
善光寺びんずる市

善光寺びんずる市

雑貨クラクサ

雑貨クラクサ

善光寺表参道ギャラリーライン

善光寺表参道ギャラリーライン

もんけん通信

もんけん通信

もんぜんまち劇場

もんぜんまち劇場

ナノグラフィカweb

ナノグラフィカweb

ネオンホール

ネオンホール

エネルギー研究会

エネルギー研究会

ページ先頭へ