「10月に入ったら座布団を持ってきてください」
娘の幼稚園からそう言われていたのに、忙しがってて用意できず、
10月も半ばになってから「さて、どうしよう」。

幼稚園のイスに合う、小さめサイズの座布団、
カバーは縫えるとしても、中身はどうしたら良いのだ?

そこで思い出したのが箱山さんの顔。
通称、しょうちゃん。
西之門町で代々営む「箱山ふとん店」の4代目です。

FaceBookを通じて箱山さんに質問してみました。
「30センチ角くらいの小さめの座布団はありますか?」
すると「カバーにゴム付きで作りますよ!」とのお返事。
わーい!
早速、多笑と一緒にお店へ行って、生地を選んできました。

座布団ができ上がるまでの1週間ほど。
散歩やクルマで箱山ふとん店のそばを通ると、
多笑が「あっちが箱山さんのお店だよね」と言うようになりました。

自分の座布団を作ってくれている人の顔とお店と街が、
多笑の中でつながったようです。

そして昨晩のこと。
箱山さんができたてふっかふかの座布団を、わが家に届けてくれました!

多笑が選んだ生地は赤ずきんちゃん柄。

zabuton1_anzai.jpg

そして、はにかみつつもうれしそうな笑顔。

zabuton2_anzai.jpg

中身の座布団は職人さんの手作り、
カバーは箱山さんのお母さんが縫ってくださったのだとか。

いろんな意味であったかい座布団が、
多笑のお尻をぬくぬくと包んでくれるでしょう。

(妻記)


安斎家のフツウな門前生活

子連れで門前に引越してきた一家の暮らしぶりを徒然なるままに綴ります。
善光寺びんずる市

善光寺びんずる市

雑貨クラクサ

雑貨クラクサ

善光寺表参道ギャラリーライン

善光寺表参道ギャラリーライン

もんけん通信

もんけん通信

もんぜんまち劇場

もんぜんまち劇場

ナノグラフィカweb

ナノグラフィカweb

ネオンホール

ネオンホール

エネルギー研究会

エネルギー研究会

ページ先頭へ