長野商工会議所に長野市が協力し、ご当地検定「長野検定(仮称)」の実施を計画していることが明らかになりました。

 リンク: 「ご当地検定」を検討中の長野市(小林玲子の善光寺表参道日記)

 検定問題のためのテキストもつくられるようです。

 歴史はその中でも重要な分野を占めることになるはずですが、これまでにこれ1冊読めば長野市の歴史が学べるという本はなかなかありませんでした。
 
 私の祖父・小林計一郎が昭和54年に書いた『わが町の歴史 長野』(文一総合出版)は、その意味でも、1人の歴史家が原始時代から現代まで280ページ程で書いた、読みやすくてとても貴重な本です。

 残念ながら、絶版です。八十二文化財団のライブラリー82では貸し出しもしていますが、県立長野図書館では書庫から出していただき、館内でお読みいただくしかありません。長野市立南部図書館にもありますが、長野市立長野図書館には在庫がありません。

mukashi079.JPG

 出版が昭和54年ですから、現在の長野市の戸隠、鬼無里などは含まれていません。
 しかし、 善光寺町と松代で江戸時代の定期市(いち)が毎月同じ回数開かれていたことが書かれていたりと、善光寺門前町だけを勉強するにも、周辺地域の中でとらえることができるので、たいへん便利です。

 善光寺門前町はもちろん、松代も、その他の地区も、周辺との人々や物資の行き来を通して発展してきました。狭い区域でまちづくりを考えることも多い今、長野市域でのご当地検定は、広い視野に立って学ぶことの大切さを感じる機会になることと思います。

小林竜太郎の門前町・昔ものがたり

長野郷土史研究会青年部/光竜堂代表の小林竜太郎さんが、知ると門前生活が面白くなる歴史トピックスをご紹介。
善光寺びんずる市

善光寺びんずる市

雑貨クラクサ

雑貨クラクサ

善光寺表参道ギャラリーライン

善光寺表参道ギャラリーライン

もんけん通信

もんけん通信

もんぜんまち劇場

もんぜんまち劇場

ナノグラフィカweb

ナノグラフィカweb

ネオンホール

ネオンホール

エネルギー研究会

エネルギー研究会

ページ先頭へ