非常にご無沙汰してしまった、この青年部長のブログ。
昨年秋から年末にかけて個人的にも、地域的にもいろいろなことがあって
書けないでいました。

みなさん本当にごめんなさい。

さらに今回はもうひとつ青年部よりみなさんにお伝えしなければならない、残念なニュース。

『2015年の西の門市は開催中止を決定しました!』

完全に終わりではなく
ここまで支えてくださったみなさんのご理解とご意見もうかがいながら
また違ったカタチで模索するための充電期間をいただきたい 
というのが、今回の理由です。


でも理由はいろいろあって・・・実はひとつじゃない。


善光寺門前周辺でも被害があった昨年の神代断層地震で
少なからず、西之門町も被害を受けて、市の開催場所が一部確保できなくなってしまったこと。

出店スペースとしてお借りしていたガレージを家主が門前の景観にあわせて改修したり・・・。
空き家だった店内を業態を変えて新たに商売がはじまったり・・・。
それらのスペースは西の門市の出店場所としては使用できなくなったこと。
(でも、町にとってこれは本当にいいこと!!)

「善光寺びんずる市」の規模がだんだん大きくなってきていて、
6月も過去最大の出展数を更新中~。
青年部メンバー全員が同じように実行委員で関わっており
それぞれ時間的負担が大きくなってきていること。

5年間やってきて5×6の30回という節目。
ここで足を止めて、今後のあり方について「西の門市」らしさについて再考してみたいという
前向きな発想があること。


今回の決断するうえで 僕らもたくさんの想いが交差しました。


それでもこの5年間 町にはいろいろな変化がありました。
時代とともに カタチを変えながら栄えてきた門前町全体のように、「西の門市」という1つの行事も
【ヤマとマチを繋ぐ】という軸はぶらさずに より良く変えていく必要があるかもしれません。

またこのブログも再開し、
今後の青年部の活動状況はお伝えしていきますが
そのほかの年間行事は相変わらずやっていきますので引きつづきお楽しみくださいね。


ここまでのあいだ、多くのみなさんに

『今年の西の門市はやるの?』
『出店したいんですが・・・。』

たくさんのお問い合わせをいただき、あいまいな表現をしてきました。

ギリギリまで悩んだあげく、みなさんにご迷惑とご心配をおかけしたうえ
このような報告となりましたこと あらためてお詫び申し上げます。

誠に申し訳ございませんでした。


でも「西の門市」は終わったわけではありません。
必ずまたパワーアップしてかえってきます!





長野のヤマとマチをつなぐために・・・。










西之門町青年部
青年部長 箱山正一



【↓昨年の最後の西の門市、早朝の通りにて】

hakoyama10.jpg

西之門町 青年部が行く!

門前の小さな町、西之門町。ささいな日常のよろこびを大きな体の青年部長、箱山正一氏が愛と勇気でしたためる―
善光寺びんずる市

善光寺びんずる市

雑貨クラクサ

雑貨クラクサ

善光寺表参道ギャラリーライン

善光寺表参道ギャラリーライン

もんけん通信

もんけん通信

もんぜんまち劇場

もんぜんまち劇場

ナノグラフィカweb

ナノグラフィカweb

ネオンホール

ネオンホール

エネルギー研究会

エネルギー研究会

ページ先頭へ