はなちょうちん.jpg

門前のまちあるきの楽しみの一つ、お店を訪ねてみましょう。

勝手にシリーズ化をもくろむ記念すべき第一回目は、
東之門町の善光寺東街道に面した【古本と絵本 はなちょうちん】さんへ。

通いなれた道にある、いつも閉まっていたお宅がある日突然扉があいていて
どうやら何かお店が出来たらしいと覗くと、
絵本や玩具、民芸品、古い映画のポスターやパンフレットで満ちていて
古本屋でもない、骨董品店でもない、それは「店主の思い出の品を売る店」で、
門前に突然現れたびっくり箱のようなお店でした。

「昔父がね、映画の宣伝のお手伝いをしていたのよ」と見せていただいたダンボール4箱分(まだまだ一部だそう)
の50年代から70年代の映画の資料に大喜びして土間に1時間も座り込んでいた事も。

黒板.jpg

川柳黒板は同感しきり。

買い物をすると
「はい、ひがしざわさんにかたみわけね。」と言いながら包んでくれ、
手放す事になったものたちへの思いを語ってくれます。
こうして古い物たちが人から人へ受け継がれていくのです。


買い物番長 ひがしざわのお買い物。

ポスター.jpg

1968年日本公開の名作映画「2001年宇宙の旅」のプレスシート、
監督名がスタンリー・カブリックとなっているところに時代を感じます。
女子が好きな小物も充実していて可愛い猫のリップクリーム入れ発見。


ひがしざわ

ひがしざわの猫の目日記

ひがしざわの猫の目日記です
善光寺びんずる市

善光寺びんずる市

雑貨クラクサ

雑貨クラクサ

善光寺表参道ギャラリーライン

善光寺表参道ギャラリーライン

もんけん通信

もんけん通信

もんぜんまち劇場

もんぜんまち劇場

ナノグラフィカweb

ナノグラフィカweb

ネオンホール

ネオンホール

エネルギー研究会

エネルギー研究会

ページ先頭へ