この記事へのリンク

 2014年度末、新幹線が富山県を通り、石川県金沢まで延伸されます。将来は福井県にも延びる予定です。
 引き続き、善光寺周辺と北陸とのつながりを考えてみましょう。

 石川県の人に聞いてみましょう。
 「『門前』『門前町』って、知っていますか?」
 おそらく、多くの人が知っていると答えるはずです。
 長野県の人より、よほど、「門前」という言葉にピンとくるでしょう。

 現在では、合併して、石川県輪島市門前町になりましたが、2006年まで、石川県には、その名もずばり「鳳珠郡(ほうすぐん)門前町(もんぜんまち)」という自治体があったのです。門前町というのが、そのまま1つの自治体の町の名前だったのは、全国でもここだけでした。

 石川県立門前高校という学校もあり、文化祭の名称は、「門前祭」なのだそうです。


 石川県門前町は、能登半島の西部にあり、曹洞宗総持寺祖院(そうじじそいん)の門前町でした。

 総持寺は、越前(福井県)の永平寺と並ぶ曹洞宗の大本山でしたが、明治31年(1898年)に焼失し、横浜の鶴見に移転してしまいます。その跡に、現在の総持寺祖院というお寺ができました。

 その総持寺には、信州の善光寺とかかわりのある、こんなお話があります。(小林玲子の善光寺表参道日記より)

=======

 昔、総持寺に味噌(みそ)すりが仕事の小僧さんがいました。
 小僧さんの唯一の願いは「一生に一度は善光寺参り」。
 いつも境内のお地蔵様に手を合わせていました。
 するとある時、お地蔵様が小僧さんに替わって味噌すりを引き受け、善光寺参りをさせてくれたのです。
 それ以来、このお地蔵様は「味噌すり地蔵」と呼ばれています。

=======

 このお話は有名で、1985年には、人気テレビアニメ「まんが日本昔ばなし」でも放送されました。

この記事へのリンク

 2014年度末、新幹線が富山県を通り、石川県金沢まで延伸されます。将来は福井県にも延びる予定です。
 引き続き、善光寺周辺と北陸とのつながりを考えてみましょう。

 善光寺本堂前の大香炉は、参拝者がお線香を入れ、その煙を体に浴びるため立ち寄る、善光寺参拝になくてはならないものです。

mukashi093-1.JPG

 この大香炉は、富山県の高岡市でつくられました。

 高岡と言えば、銅器の町で、善光寺では六地蔵や、長野駅前の如是姫像(現在は、駅前工事のため非公開)なども高岡でつくられました。全国的にも多くの銅器が高岡でつくられていますので、それ自体は珍しいことではありません。

 しかし、この大香炉は、本堂側から見ると、 はっきりと、
「昭和三十一年七月 富山県高岡市 高岡鋳芸社 堺幸山謹製」
と書かれているのが、特徴です。

mukashi093-2.JPG

 高岡鋳芸社のホームページがあります。こちらです。慶応年間1848年創業の老舗であることがわかります。老舗というだけでなく、新たな分野にも挑戦し続けています。
 
 新たに製造される北陸新幹線(長野行きにも一部使用)の車両E7、W7系は、北陸の伝統工芸品である銅器や象嵌の銅色が帯に採用されることになりました。これまでの新幹線にはない、伝統を感じる色調となることでしょう。
 高岡の伝統の恩恵を、長野の人もますます受けるようになります。

この記事へのリンク

 2014年度末、新幹線が富山県を通り、石川県金沢まで延伸されます。将来は福井県にも延びる予定です。
 引き続き、善光寺周辺と北陸とのつながりを考えてみましょう。

 毎年行われるようになった善光寺の夏の恒例行事が、8月14、15日の善光寺お盆縁日です。今年も既に、善光寺境内には、寄進者の名前が掲示されていました。

mukashi092.JPG

 その中に、「北陸コカ・コーラボトリング」という名前を見つけました。長野なのに、なぜ北陸の会社が飲み物を提供しているのでしょうか?

 北陸3県(富山、石川、福井)と長野県で売られているコカ・コーラ関連の清涼飲料水は、この「北陸コカ・コーラボトリング」という会社が販売しているのです。

 北陸コカ・コーラボトリングの本社は、富山県高岡市にあり、その工場は、砺波市にあります。天然水「い・ろ・は・す」などがここで製造されています。長野の私たちも、富山の水のお世話になっているのですね。

 なお、以前、長野県には「長野コカ・コーラボトリング」という独自の会社がありましたが、1999年10月に、北陸コカ・コーラボトリングに吸収合併されました。ちょうど1999年10月は、上信越自動車道が全通し、長野が北陸と直接高速道路でつながった時で、北陸から長野への飲料の輸送の便も格段によくなったという事情がありました。

この記事へのリンク

 2014年度末、新幹線が富山県を通り、石川県金沢まで延伸されます。将来は福井県にも延びる予定です。
 引き続き、善光寺周辺と北陸とのつながりを考えてみましょう。


 江戸時代には、参勤交代といって、諸大名は、地元と江戸とを定期的に行き来しなければなりませんでした。
 善光寺門前は、今の善光寺表参道・中央通りを通り、そこから横町、岩石町、新町を通って、今の相ノ木通りへと続く道が北国街道で、参勤交代の大名行列が通りました。
 
 なかでも有名なのは、百万石の大名、加賀藩(城下町は今の石川県金沢市)の前田家で、2,500人もの大行列だったと伝えられています。

 その他、高田藩(新潟県上越市)、富山藩(富山県富山市)、大聖寺藩(石川県加賀市)の大名行列も、善光寺門前を通って北陸と江戸とを行き来しました。

 まさに、今の新潟県上越地方、富山県、石川県の人が江戸に出るのに、善光寺門前は、ルートが変わることもあったようですが、重要な街道として位置づけられていました。

 なお、今の福井県の大名は、そのまま南下して中山道などに出ていたため、善光寺門前は通っていなかったようです。
 
 江戸から北陸までは2週間ほどもかかる長旅でした。善光寺門前は、自然の中、峠道を越えて、旅をしていた江戸時代の人々の目に、城下町でもないのに人が集まっている特別な町として映ったことでしょう。

この記事へのリンク

 2014年度末、新幹線が富山県を通り、石川県金沢まで延伸されます。将来は福井県にも延びる予定です。
 善光寺周辺と北陸とのつながりを考えてみましょう。

 善光寺は無宗派ですが、天台宗と浄土宗のお寺でお守りしています。また善光寺の門前周辺は、浄土宗の他、曹洞宗や浄土真宗のお寺が多くあります。北陸といえば、まさに浄土真宗や曹洞宗のお寺が多い地域です。

 ここでは曹洞宗について見ていきましょう。

 善光寺の近くには、新町の地蔵庵、田町の普済(ふさい)寺、権堂町の地蔵庵、問御所町の栽松(さいしょう)院、立町の耕雲(こううん)庵、横沢町の嶺雲(れいうん)庵、往生地の宗栄(そうえい)寺、三輪8丁目の大定(だいじょう)院や時丸(じがん)寺、妻科の善松(ぜんしょう)寺など、曹洞宗の寺はたくさんあります。どの宗派の寺より数が多いでしょう。江戸時代から先祖が善光寺の近くで暮らしてきたらしい我が家小林家も、曹洞宗の寺の檀家です。

 曹洞宗の大本山は、福井県にある永平寺です。また、新設される新幹線の新高岡駅近くにある曹洞宗の寺、瑞龍(ずいりゅう)寺(富山県高岡市)は、仏殿・法堂・山門が国宝に指定されている名刹です。
 
 曹洞宗の寺は全国に9つの管区に分かれていますが、福井、石川、富山、新潟、長野の各県は北信越管区に属します。その「北信越管区教化センター」というものが、実は長野市にあるのです。長野市吉田の永祥寺内にあります。長野市は、曹洞宗にとって、北陸を含めた地域の拠点になっているのです。以前には、尼僧を育てる学校もあり、善光寺周辺の庵主(あんじょ)さんの多くがそこで学んだそうです。

 善光寺周辺で曹洞宗が普及したのも、ここが昔から北陸との結びつきが強かったからでしょう。

 善光寺そのものは、浄土宗や天台宗の寺でお守りしているため、直接曹洞宗とは関係がありませんが、禅宗である曹洞宗も、門前町の文化として深く根付きました。長野県の学校で、掃除が大事にされていることなど、学校教育にも曹洞宗の影響が見られます。私の母校の小学校では、障害児学級は「三心(さんしん)」と呼ばれていました。三心は、曹洞宗の開祖道元禅師の教えです。

 新幹線延伸を機に、北陸との歴史的な文化のつながりを思い起こし、北陸と交流を深めていくのも大事なことでしょう。

Page 7 of 25« 5  6  7  8  9 »

小林竜太郎の門前町・昔ものがたり

長野郷土史研究会青年部/光竜堂代表の小林竜太郎さんが、知ると門前生活が面白くなる歴史トピックスをご紹介。
善光寺びんずる市

善光寺びんずる市

雑貨クラクサ

雑貨クラクサ

善光寺表参道ギャラリーライン

善光寺表参道ギャラリーライン

もんけん通信

もんけん通信

もんぜんまち劇場

もんぜんまち劇場

ナノグラフィカweb

ナノグラフィカweb

ネオンホール

ネオンホール

エネルギー研究会

エネルギー研究会

ページ先頭へ