「長野・門前暮らしのすすめ」主催
『ナガオカケンメイ×みかんぐみ 長野旅』公開トークセッション 開催についてのお知らせ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
テーマ:「門前ナガノ・ニッポンの未来〜デザインと建築ができること」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【日時】 2010年1月22日(金) 17時〜19時00分(16時30分受付開始)
【会場】 善光寺大本願 [マップ]
【参加費】無料(定員100名:予約受付中)
【主催】ナノグラフィカ「長野・門前暮らしのすすめ」企画編集
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
参加ご希望の方は、このページ下のフォームよりお申し込みください。

【開催概要】

「住む人が増えれば、まちも元気になる」という考えで、長野市・善光寺門前の地区を活性化しようと活動している「長野・門前暮らしのすすめ」プロジェクト(ナノグラフィカ主催)が、街づくりに関するトークイベントを行います。「ロングライフデザイン」を提唱し、日本の工業製品、地域産業や伝統工芸を再評価する「60VISION」「NIPPON VISION」の活動で注目されているナガオカケンメイ氏と、NHK長野放送会館をはじめ、多くの印象的な公共建築物の設計や、斬新な団地再生計画/みかんぐみのリノベーションカタログで知られる建築家グループ「みかんぐみ」の主宰者の一人である竹内昌義氏をお招きし、テーマを「門前ナガノ・ニッポンの未来〜デザインと建築ができること」として、対談形式でそれぞれの目から見た善光寺門前の楽しみ方、再生案などをお聞かせいただきます。なお、当日の模様は3月刊行予定の冊子版「長野・門前暮らしのすすめ」(仮)にて詳しく紹介させていただく予定です。


【ゲスト】

ナガオカケンメイ氏 D&DEPARTMENT PROJECT代表
○プロフィール
1965年、北海道生まれ。1990年、日本デザインセンター入社。原デザイン研究所を経て1997年、ドローイングアンドマニュアルを設立。 2000年、これまでのデザインワークの集大成として、東京世田谷にデザインとリサイクルを融合した新事業「D&DEPARTMENT PROJECT」を開始する。
2002年、「ブランド「60VISION」(ロクマルビジョン)を発案し、カリモクの60年代の廃番商品をリブランディングする他、エース(カバン)、ムーンスター(靴)、ノリタケ(食器)など、12社とプロジェクトを進行中。
2007年より60VISIONの手法を日本の地域産業や伝統工芸に応用した「NIPPON VISION」を開始。
2008年、「60VISION」がグッドデザイン賞中小企業庁長官賞を受賞
著書に「ナガオカケンメイとニッポン」(集英社)、「ナガオカケンメイの考え」(アスペクト)、「Long Life Style 01」(平凡社)ほか多数。
http://www.d-department.jp
http://www.60vision.com
http://www.drawingandmanual.jp


竹内昌義(たけうち まさよし)氏
建築家、みかんぐみ共同主宰、東北芸術工科大学教授
○プロフィール
1962年、神奈川県生まれ。東京工業大学大学院修士課程修了。ワークステーション一級建築士事務所を経て、1995年加茂紀和子、曽我部昌史、マニュエル・タルディッツらと建築設計事務所「みかんぐみ」共同設立。「みかんぐみ」の代表作品はNHK長野放送会館(1997)、SHIBUYA- AX(2001)、愛・地球博トヨタグループ館(2005)、伊那東小学校(2008)、大井松田の家(2009)等。現在、横浜市で中学校の設計が進行中。
著書に「別冊みかんぐみ1&2」(エクスナレッジ)、「団地再生計画 みかんぐみのリノベーションカタログ」(INAX出版)、POST PFFICE(TOTO出版)等。
http://www.mikan.co.jp



【会場案内マップ】
より大きな地図で 長野旅 を表示



定員に達したため、予約フォームによる予約を締め切らせていただきます。
なお予約出来なかった方も、キャンセル等が出て入場できる場合があります。ご希望の方は開演時間の10分前に直接受付においで下さい。予約した方の入場状況を見ながら対応させていただきます。(必ず入場できるかわかりませんので、どうかご了承下さい。)

プロジェクトについて

「門前暮らしのすすめ」ってなに?

スタッフ紹介

こんなひとたちがつくってます

ページ先頭へ