━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【作】 黒川陽子(劇団劇作家)
【演出】 西村和宏(青年団)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【日時】 2010年2月6日(土)14:00 19:00 / 2月7日(日)13:00 17:00
「長野灯明まつり」期間中
※開場は開演の30分前(当日券の方は5分前から入場開始)。受付開始は1時間前(整理番号配布)
※未就学児童の入場はお断りします。託児を希望される方は2/1までにお知らせ下さい。
【会場】 長野市城山公民館別館 [旧蔵春閣]
長野県信濃美術館から徒歩1分 長野市大字長野東之門町2462 [マップ]
【参加費】全席自由(各回定員100名) 一般:1,500円/中高生:1,000円/小学生:500円
【交通】
バス:JR長野駅前バス乗り場 @から、11・16・17の川中島バス→「善光寺北」下車 バス進行方向の城山公園奥(所要時間約15分)
電車:長野駅より長野電鉄「善光寺下」下車徒歩8分
自動車:上信越自動車道長野I.Cから善光寺方面へ約30分
【主催】ナノグラフィカ、ネオンホール、平安堂長野店
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
チケットのお申し込みは、このページ下のフォームよりお申し込みください。


【開催概要】 『柔らかいモザイクの街』「暮らす」ことこそが古い街並みを残し、地域文化を守り、創っていくことにつながるのではないか。
このシンプルな考え方を元に活動する、私たち「長野・門前暮らしのすすめ」プロジェクトは、豊かな街づくりの一つの提案として、この「柔らかなモザイクの街」の制作・発表を行います。

東京から演劇界の第一線で活躍している若手演出家と俳優を招き、長野で一般公募した人々と共に、一本の演劇作品を創り上げます。
稽古場と舞台として選んだ「蔵春閣」は、善光寺の北東の小高い丘に建つ、昭和モダニズムの味わい深い建物。現在はあまり活用されていないこの施設を利用して、旧さと新しさ、地域性と普遍性が同居した、この門前町の現代に相応しい作品づくりを目指します。
「この場所で、こんな素晴らしい作品が出来るのか」
「こんな作品が創れるなんて、何て面白い街なんだろう」
そう思っていただけるように努力を重ねています。ぜひ長野・門前町に足を運んで、そして作品を観て下さい。

一組のカップルが降り立った誰も知らないこの街。正直者ばかりが住むこの街は今日、嘘で塗り固められています。なぜなら今日は「エイプリル・フール」だから。たった今駆け落ちしてきたカップルは様々に翻弄され、やがてある疑念に苛まれることになります。「私たちの関係も、もしかして嘘なのかしら…」嘘が現実を変える、新年度の最初の一日のドラマです。


【プロフィール】

黒川陽子
劇作家。1983年栃木県出身。2007年、「ハルメリ」で第13回日本劇作家協会新人戯曲賞受賞。アーサー・ミラーの研究で早稲田大学文学研究科修士課程を終えており、劇団民藝の機関紙等に評論を提供している。

西村和宏
演出家。1973年兵庫県出身。香川大学教育学部卒。1999年、劇団第三エロチカに俳優として入団。2005年、平田オリザ氏が主宰する青年団に演出部として入団。青年団若手自主企画として作品を発表するかたわら、外部での演出も積極的におこなっている。

キャスト
島田 曜蔵(青年団)、鈴木 智香子(青年団)、長野 海(青年団)、片倉 裕介(フリー)、長島 美穂(机上風景)

赤尾 英二、市川 しをり、岡沢 じゅん、加藤 真記、如月 はつか、クボサヤカ、窪田 あゆみ、島崎 美樹、田中 杏奈、月原 やすとも、椿 あさこ、土谷 ひろ子、中牧 浩一郎、まさひ、松山 由、ムラタヒロ、盛山 佳代、ゆかり

北澤良洋(西之門町区長)、小林健孜 他

※出演を予定していた小林なぎさは本人の事情により降板いたしました

制作 ナノグラフィカ

【稽古場見学】
1/29(金)〜2/5(金) 平日18:00〜21:30 土・日10:00〜21:30
作品創作の現場を見ていただくことができます。お申込みは見学希望日時の1時間前まで。

【脚本講座】
1/31(日) 9:00〜11:00(定員10名)
事前に送付していただいたオリジナル脚本に対して、本公演の脚本家に講評をしていただきます。脚本送付〆切は1/22です。
講師:黒川 陽子

【演劇体験講座】
2/1(月)15:00〜17:00(定員20名)
初心者向け。コミュニケーションゲーム〜寸劇で演劇を体験していただきます。
講師:西村 和宏

すべて無料



【会場案内マップ】
より大きな地図で 長野市城山公民館別館 を表示



プロジェクトについて

「門前暮らしのすすめ」ってなに?

スタッフ紹介

こんなひとたちがつくってます

ページ先頭へ